« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月28日 (月)

4. 八森山 416m 鶴岡市三瀬

2018.05.27

 昨日は八森山スキー場のゲレンデを登ったものの、
到達出来なかったので、今日は別のルートで古い道路を
登ったら、これがメッチャ長い。終盤は道が荒れているし
かなり急。キツイです。

 で、頂上らしき所へ到達しましたが、電波塔があるだけで
八森山山頂を示す物は何もない。。昔から登山の対象では
なかったワケね。。

33573935_831803967007096_6155941260


33649383_831804060340420_7716740849

 さて、時間も押していたので、ぶっ飛びの下りの途中で
近道と思われる脇道に入りました。林道は間もなく無く
なって、登山道に変わりました。これが思わぬ拾い物で、
最高に楽しいコースでした。MTBで登ることは不可能
ですが、下りは問題無し。狭いけれども、コーナーが
バンクしているので実に走り易い。また行かなくっちゃ!!。
(^〇^

 ということで、大満足のチャリ山行でした。今日の移動
距離は60.7Kmで昨日よりも若干長いだけでしたが、
中身は断然濃かったです。

 なお、この山にはスキー場があるのは一応知っていま
したが、キャンプ施設もあったんですね。どこで調べたのか、
他県のキャンパーが複数利用していました。

Dscf4406


Dscf4405


Dscf4409_3

| | コメント (0)

2018年5月27日 (日)

3. 藤倉山 654m 鶴岡市三瀬

2018.05.27

 前日に下見した山です。三瀬駅まで行くと標識が随所に
あるので分かりやすいです。集落を抜けて林道を進みます。

Dscf4399

Dscf4400


 獅子畑登山口の手前で土砂崩れがあったので車は
入れませんが、MTBなら全く問題なしです。

Dscf4401

 そもそも、林道が狭くて交差できないので、車で入山する
場合は二口登山口を利用した方が良いです。道路、駐車場
共に申し分ないですから。八森山を目指せば標識が出て
きます。

Dscf4402

 ことさらに「山形100名山」が強調されていますが、私は
ここに来るまでそんな選定がなされていたことを知りません
でした。

 さて、MTBをデポすると登山開始。

Dscf4403

 細くて急な尾根道をひたすら登りますが、心地良い風が
吹き抜けるし、木漏れ日が風情があって大いに気に入り
ました。 登山道は良く整備されていて、地元の人達に
愛されている山だということがよく分かりました。

33577627_831803833673776_4444064336


33764276_831802797007213_7953681942


 標高は僅か654mですが、結構登り甲斐があります。
普通に登って44分で頂上に着きました。山頂の郵便受け
にはノートが入っていて、登山者の感想が綴られていまし
た。

33607197_831802903673869_8148614332

 東屋とかは無いものの、女性専用の仮設トイレが
ありました。

33715410_831803667007126_4746950142

 祠には賽銭とお酒があり、お酒は未開封の
清酒「大山」で今年の3月製造でした。

33656897_831803403673819_8280457442


33580931_831803530340473_4941977129

「ウヒョー、普通に飲めるじゃん!!。」

 でも、唾を飲み込んで我慢しました。若い頃は手を
合わせて、

「頂きま~す!!」 

をしたもんですがー。(^^;;

 もしも、そこで頂いていたら、次に向かった八森山(416m)
への急なヒルクライムを登り切ることは出来なかったでしょう。

 展望は素晴らしいです。

33576278_831802550340571_4475529512


33846819_831803180340508_5911545926

 ということで、低山の魅力に感じ入った山行でありました。

| | コメント (0)

2018年5月26日 (土)

2. 葉山 154m 鶴岡市三瀬

2017.05.07

 三瀬の北にある低山ですが、これが予想外に手強い。
北側から登ったら、道が完全になくなって断念。

 今度は南から登ったものの、かなりの急坂で、28ー28T
のローギアでは本当にギリギリでした。ダンシングで頑張り
ましたが、トルクを掛けすぎると後輪がスリップして、マジで
キツかったです。

Dscf4031

 何度も道を間違えながら、ようやく山頂付近に到達
しましたが、道標はおろか踏み跡も無い。。。

 一般的に、里山の多くは地元民に愛されているもの
ですが、この山は全く誰にも相手にされない山のよう
です。coldsweats01

 しかし、そこが私のツボに填りました。藪の中、山頂
までMTBを押して辿り着いた時には、何とも言えない
満足感があったんです。標高がたったの154mの山
なのにねー。(笑)

Dscf4032

 その時点で、16:30。帰るか。

 帰りは強い追い風だったので、時速50Km程でぶっ飛び
でした。カ・イ・カ・ンです。good

 17:30に一旦帰宅しましたが、まだ明るいので更に走り
ました。MTBでのダート走行は本当に楽しいですね。happy01

※高館山+葉山のGPS記録

 走行距離 90.9Km
 最高速度 56.3Km/h
 移動時間 5h37m
 停止時間 53m
 総上昇量 1,448m
 最高高度 301m


  

| | コメント (0)

2018年5月25日 (金)

1-6. 高館山 274m 鶴岡市

2017.05.07

 昼から低山探訪MTBサイクリングに出掛けました。
一般道は極力避けて走行し、まずは高館山から。

Dscf4013

 善寶寺のすぐ南に池があるのは知りませんでした。
歩く人も殆ど居ないような道だしね。

 その先には獣道に近い道があったので、登ってみました。

Dscf4015

 道は益々細くなり、走行困難になりました。

Dscf4017

 崖ですが、この先はいよいよヤバくなったので潔く撤退
です。高館山の麓なのは間違いないのですが、これは無理。
下りたら、椙尾神社に出ました。新発見です。

 今度は、間違いないルートとして、下池から向かうことに。

Dscf4018

 ラムサール条約登録湿地となったからでしょう。昔は
無かった観察小屋やトイレが出来ていました。
一部ですが、舗装もされてるし。(@@

 その割には訪れる人が少なくて私好みです。
とっても気分良く周遊路を走りました。

 途中から高館山への登山道へ上がるつもりでしたが、
MTB禁止とのこと。あれ~。。

Dscf4020

 高館山に熊が出るとは、まぁ珍しい。

 MTB禁止表示がない脇道を攻めてみましたが、途中
から急坂になって、MTBでは登れませんでした。
若い頃はバイクでよく登ったんですがねぇ。。。

Dscf4021

 下池周遊道にはトイレや東屋が随所にあって、さすがは
環境省!?と思いましたね。

Dscf4022

 終点は桜の名所でもある大山公園で、展望は抜群です。

Dscf4023

Dscf4024

 その後は一般道で高館山に向かいましたが、寄り道して
昔の加茂坂を登ってみました。

Dscf4025

 トンネルで行き止まりなのは知っていましたが、チャリで
登るのは大変な坂だったし、路線バスが転落したことも
ある難所なので、久しぶりに走りたくなったんです。

 が、今走ると、全然どうということないな。

 ちなみに、その転落したバスには、ウチの婆ちゃんも
たまたま乗っていたそうです。(爆、、、

 結局、高館山には舗装されている車道で登りました。
ヒルクライムに好適なコースですが、重いMTBでも楽勝
です。

 山頂には高さ20mの展望塔があるんですが、幼稚園の
遠足以来なので、なんと50年振りに登りました。
もちろん、ダッシュで。dash

 いや~、素晴らしい眺めですね。何たってタダですから。

Dscf4026


Dscf4028

 山頂には、下池から登ってきたという4人パーティが
いました。花好きには人気の山のようです。

 一方、花には全く興味がない私は、林道を湯野浜へ
下りました。MTBのタイヤ痕が一本だけあったので、
他にも物好きがいるようです。

 次に目指したのは、標高307mの荒倉山。
油戸から菱津の方へ抜けて東から登りましたが、ありゃま、
長く急な階段が現れた。どう見ても参道ですね、これは。

Dscf4030

 MTBで登るのは不可能なので、目的地を葉山に変更
しました。

| | コメント (2)

2018年5月20日 (日)

板納め?

 今日は天気が良いので鳥海山の滝の小屋コースへ。
車道の雪が切れ切れのこの時期は、入山者が少ない
ので好きです。(^^

P5200002


 でも、舗装路を歩くのは嫌なので、車にMTB改ラン
ドナーを積んでいきました。山雪荘の300m手前付近
に駐車してチャリでGO!。

P5200003


 いや~、気持ち良いなー。気温が低くて森林限界上には
新雪も見えました。ウキウキ気分です。(^〇^

P5200004


P5200005


P5200006


P5200007


P5200008


 ところが、意外に雪が溶けていなくて、ノゾキの先で
チャリをデポしました。そこからは車道をショートカット
しながら順調にスキー登高して、1時間で滝の小屋駐車場
通過。まだマタフリ沢を行く必要はありませんが、水が
轟々と流れていて雪がかなり少なくなっていました。
車道が開通する前に切れてしまいそうな感じです。

 さて、今日の登山者は3人だけで、皆さん、ソロバン
尾根の下方面に進みました。あそこはいつも騙されるん
ですが、下から見ると雪が高いところまで繋がっている
ように見えるんですよねー。

P5200013


 なので、

「まだ繋がっているかも??」

と思って、ついつい登っちゃいます。(笑)

 案の定、1,780mで切れていました。
そんな気もしていたので、手前でビール&ラーメン
タイムを取ったのは正解でした。(~~

P5200020


 今日は他にも予定があったので、登り返すことなく
滑降を楽しんでお終い。今年の板納めかな~??。

P5200022

| | コメント (0)

2018年5月13日 (日)

一区切り

 今年からsea to summitの上位表彰が無くなって、
今後私が参加することは事実上なくりました。

 そこで、一つの区切りとして、賞状ズレまくりの
入賞盾に抜本的対策を施しました。

P5130023

 具体的には、位置決めのテンプレートを作って、
賞状と、順位を示す紙メダル(?)を両面テープで
固定したんです。2016年からは紙メダルが賞状に
貼り付けてありました。気が利くスタッフですね。

P5130024


 でも、、思い切り曲がってんだよねー。(^^;;
私は曲がったことが大嫌いな性格ですが、剥がせない
のでそのまま収めました。

P5130025


 で、2012年から去年まで通算11大会に出場して、
優勝6回(鳥海山×3、佐渡、由良川大江山、妙高野尻湖)、
2位3回(鳥海山×2、妙高野尻湖)、3位2回(鳥海山、
由良川大江山)という結果でした。全大会で副賞の大山
ハムを頂いたので、妻はそれが参加賞だと思っていたよう
です。(笑)

 さて、その中で特に印象的なのは、初めて出た鳥海山
2012と由良川大江山2015ですねー。
鳥海山は、飛び入り参加した2011年大会で、辰野会長
から、

「優勝賞品はカヤックだよ。」

と言われて大発奮!!。

「えっ!、そうなんですか!?。来年正式参加します!!」

 農作業で忙しい時期でしたが、翌年出場して、カヤックで
大苦戦しながらも2位に41分の差をつけてブッチギリの
優勝を果たし、表彰式では山仲間がカメラを構えてカヤック
を授与される瞬間を待ちましたが、 衝撃的な結末に茫然自失。
貰える予定だったカヤックは酒田市役所チームに抽選会で
攫われてしまったんです。(--

 そして、初開催だった由良川大江山2015では、
ハイク区間の大会スタッフの集合時間よりも早く登って
しまったために大きくコースアウトしてしまい、順位を
下げて3位に沈みました。誰もいなくて変だとは思った
んですが、前日の競技説明で、

「間違えようがない一本道です。」

みたいに言われていたので、真っ直ぐ登った結果です。

 スタッフのオバチャンからは、

「あんた速すぎやん!!。」

と怒られて、

「えっ!?、悪いのはオレなのか??」

と思いましたが、それ以後は、モンベルの佐藤さんから
トップのゴール予想時間を訊かれるようになって、妙高
大会ではスタッフの集合時間を1時間早めたそうです。
結果は大正解。大会運営は大変ですね。(~~

 ということで、気持ちの切り替えが出来たので、今後は
新たな目標に向かって頑張りま~す。(^〇^

| | コメント (0)

2018年5月 8日 (火)

ヨーグルトメーカー

 いや〜、ヨーグルトメーカーって便利ですね。
整腸目的で買ったのは僅か4日前ですが、効果覿面。
腹の調子がすこぶる良くなりました。使った種菌はR-1
一個だけ。

31950145_823148827872610_7756277097


 更に、納豆と甘酒も簡単に作れて、発酵食品最強トリオを
毎日摂っているからねー。納豆は、大豆がとても甘くて煮豆
みたいで美味しいです。癖になりそう。

31946794_823148861205940_6179999773


 ということで、どれも美味しいんですが、特に甘酒が
気に入りました。売っている甘酒は不味くて飲む気に
なりませんが、ご飯と米麹、我が家の美味しい井戸水
だけで作ったものは、昔と変わらぬ味でとても甘くて
美味しいです。調べたら、カロリーはご飯の半分で栄養
豊富。ダイエットにも良いみたいです。忙しい朝にも一杯
の甘酒を飲めば血糖値も上がるのでバッチリです。

 ついでに、甘酒とヨーグルトを混ぜると意外に美味しい
んだなー。栄養的にもバッチリでしょう。happy01

| | コメント (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »