« 16. 母狩山 鶴岡市 751m | トップページ | 排煙装置&ダーツ大会 »

2018年10月24日 (水)

17. 森山 鶴岡市 121m

2018.10.21

 海岸にある我が家をスタート地点とした
「山形SEA TO SUMMIT」では、国土地理院
発行の1/25,000地形図に山名が記載
されている山形県内の山の全てが登山対象
ですが、この山は他とは毛色が全く違います。

 今回登った後に調べてみて初めて知りました
が、この山は、「森供養」という、全国的にも他に
例を見ない、死者の霊を慰める霊山なんですね。
供養を行う8月22日と23日以外は地元住民
でも登ってはならないそうです。(^^;;

 実は、この山には10年前に亡き養母の供養で
妻と登りました。そういう習わしだからということで、
その意味は全く考えずに、前年に家族を亡くした
顔見知り達と登りましたが、千年以上も前から
続いている風習だそうです。(@@

 しかし、今年の春に温海の山を登った帰り道に
登ろうと思ったものの、記憶が曖昧で山を見つける
ことすら出来ませんでした。

 そこで、今回はGPSに山を登録していったにも
関わらず、登り口を見つけることが出来ませんで
した。

「こごだろ!?」

と思った林道入り口にはチェーンが張ってあり、
余人を寄せ付けないような目に見えないバリアを
感じました。周辺を探索しても他にそれらしい所は
なかったので、地元の年寄りに訊きました。

「よぐ、おっかなぐねぐで、一人で行ぐごどー。」

と言われましたが、入り口はやはりそこでした。
かなり急な荒れた林道でしたが、フロントギアを
トリプルにした山チャリのローギアは30×34T
なので、難なく登り切って登り口に着きました。

Dscf4671

 私に霊感はありませんが、これまで経験した
ことの無いような只ならぬ気配を感じました。
正真正銘の霊山だと確信しました。

 しかも、御堂(?)の荒廃が進んでいて、その
不気味さは尋常ではありません。肝試しにも最適
の山かも知れません。

Dscf4672

Dscf4673


Dscf4674


Dscf4675

 そんな中で、無形民族文化財に指定された
旨の標識が異彩を放っていました。

Dscf4676

 森山の標高は僅かに121mですが、天に
近いような気にさせるインパクトのある山でした。
そっと手を合わせたのは言うまでもありません。

 この「森供養」。私の地域では「森の山」と
言いますが、養父が亡くなった折りにも行く
ものと思っていたら、実施されませんでした。
和尚が横着こいたのかと思っていましたが、
あの荒れようを見ると、「森供養」そのものが
無くなってしまったのかな?、と思いました。

 だとしたら、残念なことです。。

|

« 16. 母狩山 鶴岡市 751m | トップページ | 排煙装置&ダーツ大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 16. 母狩山 鶴岡市 751m | トップページ | 排煙装置&ダーツ大会 »