« アウトドアボイラー改良⑤完成! | トップページ | 車中泊オーディオ »

2019年2月19日 (火)

二年ぶりの厳冬期新山登頂

「うっ、このままではこの冬も鳥海山に
登頂しないでしまう。。。」

 7年続いた厳冬期鳥海山登頂が去年で
切れてしまったのに、今年はまだ一度も
鳥海山へ行ってなかったんです。

 そこで、「所用のため」と有給休暇届を
出したのが一週間前。天気の変化が半日
早くなってしまいましたが、許容範囲です。

 しかし、その時間差を埋めるために昨夜
は大台野に車中泊して、今朝は2:45発。
こんなに早く出発したのは初めてです。

 薄雲がかかりながらも、満月?の月明かり
で明るいのは幸いでした。シールが良く効く
腐れ雪をスイスイ登りました。昨夜にガッツ
リと飲み食いしたおかげで、滝の小屋まで
休憩無しで登りました。所要時間2時間15
分と、好調です。

 まだ北北西の風が吹いていて寒いので、
身支度を整えてからスキーアイゼンを装着
して登りました。

 いやはや、、滝の小屋の上はシュカブラが
酷くてナカナカ難儀でした。諦めて、流れに
逆らわずに左上にずーっと斜登行したほど
です。

 河原宿に着いて6時過ぎ。ようやく明るく
なってきました。暗いと斜面の様子を見通す
ことが出来ないので、ナイスタイミングです。

P2190007

 アチャー、河原宿を含めて、上はほぼ
全面アイスバーンじゃん。しかも、シュカ
ブラまで凍ってるしー。マジ最悪。。

 2月でここまで酷いのは記憶にありません。
標高1,700mチョイまでスキーで登りましたが、
急斜面では氷が崩れてスキーアイゼンが効か
ないので、諦めてアイゼン歩行に切り替えま
した。こんなに下で板をデポしたのは初めて
です。

 そこで、折角なので9年ぶりにソロバン
尾根を登りました。山形県側からの冬季
登山ルートとしては鳥海山らしさを最も
体感できるクラシックルートです。
33年前に私が初めて冬の鳥海山へ
登ったコースでもあります。

P2190013


P2190014

 尾根なので見晴らしも良いです。

P2190015

 面白いことに、山形SEA TO SUMMIT
を始めてから山の見方が大きく変わった
んですよ。「そこらの里山」みたいな感じ
で一片の関心も持たなかった山々を見て
も、自分が登った山を探したり、未知の
山への興味が沸いてきます。

 さて、今日のソロバン尾根はなかなか
難儀でした。

P2190016

 凍り具合が中途半端で、崩れるし抜け
やすかったからです。

 8:30、外輪山に着きました。

P2190019_2

 ほんの5分前に風が北北西から南南東
に変わったので、ほぼ予定通りですが、
急がないと風がどんどん強くなってきます。

 でも、ここからの景色が良いんだよね。

P2190018_2

P2190020


P2190021


P2190022


P2190023

 風はどんどん強くなってきて稜線上は
地吹雪状態となりましたが、とにかく進む
しかありません。予定通りに七高山手前
の大岩を回り込んでスノーブリッジに降り
ました。

P2190053


P2190050

 スノーブリッジから新山頂上までは、
いつもよりも雪が硬くて比較的歩きやす
かったです。

 やがて、山頂9:30着。牧場から6時間
45分掛かりました。アイゼン歩行が長かっ
た割には速い感じ。

P2190040


P2190042


P2190043

P2190046


P2190048

 風速は15mを越え、体を持って行か
れるほどの突風も吹きます。とても祝杯
どころではないので、速攻で逃げ帰りま
した。ついさっきの踏み跡が完全に消えて
いたほどです。スキーデポ地点まで往復
3時間、休憩ナシです。

 フー、ヤレヤレ。

 と思いきや、スキーでの下りが非常に
難儀でした。ガリッガリのアイスバーンと
凍ったシュカブラではまともに滑ることなど
出来ません。とにかく、転ばずに降りること
だけを考えました。我慢大会です。

 いつもなら外輪から牧場まで50分程度
で下りますが、今日は軽く2倍以上

 ということで、とりあえず目標を達成
出来たのは良かったです。

 ちなみに、13時過ぎには外輪山は完全に
雲の中でした。


※本日の記録(山中)

 積算距離  23Km
 最高速度  28.3Km/h
 行動時間  9時間45分
 総上昇量  2,388m

|

« アウトドアボイラー改良⑤完成! | トップページ | 車中泊オーディオ »

コメント

流石に厳冬の鳥海山を知る人のみが山頂に至る。最近はすっかりへ垂れてしまい冬の鳥海山は遠くなりました。

投稿: sakano | 2019年2月20日 (水) 06時34分

おお、昨日登ってきたのですね。
本荘からは鳥海山が白く光り輝いて見えていましたが、かなり厳しかったようですね。
今年も厳冬期は無理でも、3月に成ったら中島台から山頂を目指したいです。
去年の様に滑落して足を痛めたりしないようにしないとね。

投稿: デンキ | 2019年2月20日 (水) 09時19分

>sakanoさん

sakanoさんなら近くに条件が良い山が
沢山あるので、いつも天気が悪くて雪質
が良いことの少ない鳥海山に来るのは
割りに合わない気がします。
厳冬期鳥海山なんて、他方の岳人ならば
一生に一度経験すれば充分かと思います。
^^;;

投稿: ファーマー佐藤 | 2019年2月20日 (水) 18時50分

>デンキさん

いや〜、昨日の鳥海山は3月の最も
酷い日みたいでしたよ。ガリガリの
シュカブラは別にして。(笑)

中島台コースは最高ですね。彼女連れ
なら尚更です。(^^v

投稿: ファーマー佐藤 | 2019年2月20日 (水) 18時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アウトドアボイラー改良⑤完成! | トップページ | 車中泊オーディオ »