« 自転車搭載用背負子⑦ | トップページ | 水漏れチェック »

2019年3月17日 (日)

自転車搭載用背負子⑧

 いよいよ最終段階です。
これまでは、ハンドルとクランクギアが
タイヤからはみ出していましたが、収納と
搭載角度を見直しました。

 

Dscf4947

 

 

Dscf4946

 

 外径70cmのタイヤ幅内に収まったので、
かなり扱いやすくなると思います。

 

 そして、最後の関門は専用ザックです。
背面システムを供出して残骸となっていた、
ICI石井スポーツ製のスーパーガイド60
と、通勤専用で使っていたもののファスナー
が壊れてしまった、モンベルのサイクール
パック20を、ナ~ンと合体させたんです。
邪魔なアルミフレームは抜きました。

 

 あーでもない、こーでもないと悶絶しな
がら慣れないミシンと手縫いで頑張ること
6時間。ついに完成しました

 

Dscf4948

 

 

Dscf4949

 

 (60+20)÷2=40

 

という等式が成り立ったようで、見た目
にも40リットルザックに仕上がりました。
背負子の収納スペースは20リットル程度
しかありませんが、

 

「大は小を兼ねる」

 

ということで、良いんじゃないでしょうか。

 

 これで、自転車をデポして山頂をピストン
するなんてことも簡単に出来ますね。

 

 次回最終回は、背負子に塗ったペンキが
完全に乾いてからになります。

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2019/03/post-57bd.html

へつづく。

 

 

|

« 自転車搭載用背負子⑦ | トップページ | 水漏れチェック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自転車搭載用背負子⑦ | トップページ | 水漏れチェック »