« 軽アイゼン | トップページ | フォールディング・シクロクロス最終型 »

2019年3月29日 (金)

ビリー・ジョエル

 先日のこと。中古のブルーレイとCDを探しに行った

店で、ビリー・ジョエルの新品廉価盤ベストアルバムが

目に留まりました。今月の頭に開催した山仲間宅での

飲み会でビリー・ジョエルのCDが再生されて、

 

「あー、やっぱりビリーって上手いな~。」

 

と思いましたが、私はラジオでしか聴いたことが無かった

ので、そのCDを買おうかと思いましたが、チョット待て。

 

 帰宅してからネットで調べて、音が良さそうに思える

デジタル・リマスター盤を注文しました。2枚組です。

 

P3290018

 ウーン、、、録音がチョットなぁ、チープだなぁ。。。

 ビリーの持ち味が生かし切れていない印象を強く

持ちました。妙に期待していただけにガッカリしました

が、ポップスでは良くある事ですね。

 

 でも、車中で聴くには良いでしょう。

 

|

« 軽アイゼン | トップページ | フォールディング・シクロクロス最終型 »

コメント

ビリーはやっぱり「ピアノマン」と「ニューヨークの想い」がお勧めですね。(^^

投稿: 面白ダデイ | 2019年3月29日 (金) 22時07分

>面白ダディさん

 どちらも収録されています。
有名な曲は全部入っているんじゃないかな?。

 改めて聴いてみましたが、ミキシングが
悪いと思いました。そこが残念です。

投稿: ファーマー佐藤 | 2019年3月30日 (土) 09時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 軽アイゼン | トップページ | フォールディング・シクロクロス最終型 »