« 初コンチネンタル | トップページ | ブラケットカバー新調 »

2021年6月13日 (日)

ULコンパクトピュリファイヤー

 登山時の沢水利用について調べ

たところ、想像以上に危険要素が

多いようです。北アルプスや丹沢

のように入山者がやたら多い山域

では用心しましたが、マイナー山域

では上に放牧場とかなければ、ほぼ

無警戒だったんですよね、オラ。


 幸いなことに水に当たったこと

は一度もありませんが、油断大敵。

未知の病原体が潜んでいるかも知れ

ませんからー。(何を今更、、、)


 そこで、調べまくった結果、登山

用としてはベストと思った浄水器を

とがしスポーツで買ってきました。

E4a6919166c641548f56c7956ac66f5c

 なんと、各種ウイルスや細菌、

原虫を99.9%以上吸着除去する

そうです。更には、科学物質や

重金属までも濾過するという。(@@


 大きさはサイクルボトルとほぼ

同じで、二重構造になっています。

アウターに不純水を入れたら、

エア抜きの為に蓋を僅かに緩めた

インナーをアウターに差し込みます。

それを、自転車の空気入れの要領

で下に押すと、アウターの不純水が

フィルターで浄化されてインナーに

溜まるという寸法です。

容量は473ccで、重量は309g。


 実に素晴らしい!!。🎊🎊🎊

体重を掛けて押し込むことで、目が

非常に細かいフィルターを通すこと

が可能になるワケです。口で吸う

だけの浄水器とは決定的に違うで

しょうね。


 これで、道端の怪しげな水も

飲料水として使えます。ボーフラが

湧いているような水なら安全安心な

ワケで、かなり嬉しいです。😍


 ただ、残念ながら、海水には対応

しないとのこと。それが出来たら、

本当に凄い事だと思いますねー。


 さて、そんな高性能フィルター

でも目詰まりしたら終わりなので、

コーヒー用のフィルターを一次濾過

用としてインナーに忍ばせました。

効率よく使いたいもんね。😙

|

« 初コンチネンタル | トップページ | ブラケットカバー新調 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初コンチネンタル | トップページ | ブラケットカバー新調 »