« ゴアカッパの修理 | トップページ | 小桝田山 敗退 »

2022年3月20日 (日)

成島焼和久井窯

 この三連休も天気が悪い。。。


 ならば、牡鹿半島以外が残って

いる宮城県沿岸サイクリングをしよ

かと思っていたら、地震だもんね。


 へば、土蔵の片付けすっが!!。


 と、本気で向かいました。

元プロとはいえ、一人でやるのは

なかなか大変なんですよ。とにかく

夥しい量の不用物があるんですから。


 前回の衣料も凄かったですが、

今回の主な対象は引き出物で、

こちらもハンパないです。😱😱😱


「オレは、この家を片付けるために

生まれてきたんでねが?。」


 とすら思ってしまいました。😅😅


 さて、引き出物を半分ほど始末し

た頃、銘入りの小箱が多数入った

段ボール箱が出てきました。

見れば、現代の名工が焼いた陶器の

ようで、29年前に爺様に贈られた

のようです。ハハ〜ン、あの業者

だな。間違いない。


 早速、明るい所に出して広げてみ

ました。

F848282707d3410580888ae02373d2fa

 花器2点とコーヒーカップセット、

湯呑みに、銚子とお猪口のセットが

二つ。なかなか豪華です。🎊🎊🎊


 この中から、お銚子+お猪口と

湯呑みを潮風庵で使うことにしま

した。湯呑みは冷酒用です。


 しかし、お銚子に酒を溢れさせる

ことなく入れるのは意外に難しいの

で、やはり土蔵にあったガラス銚子

に定量線を引きました。オカンして

からお銚子に移すワケです。


 いや〜、いつもの安酒がう〜んと

美味く感じます。酒器って大事です

ね〜。🎊🎊🎊

8c17a095613a43309bfed4dc9d90dedd

 形が可愛いし、釉薬がえも言えぬ

風合いを醸しています。色合いが実

に多彩で美しい!!。


 作者は、和久井仁泉。本名富二

氏で、日展作家なんですね。


 いや〜、ありがたやありがたや

です。爺ちゃんありがどー!。😍


|

« ゴアカッパの修理 | トップページ | 小桝田山 敗退 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴアカッパの修理 | トップページ | 小桝田山 敗退 »