2019年6月22日 (土)

通勤ママチャリのカゴ修理②

 一部を丈夫にすると他方が壊れるということは

よくあることです。予想はしていましたが、僅か

数日でアルミステーが折れてしまうとはー。(~~

 

 そこで、元々付いていたステーに変更することに

しました。

Dscf5047

  しかし、ライト部分の曲がりが邪魔なので、

切り落としてから真っすぐに伸ばして、長さを

決めて溶接しました。

Dscf5049

 フロントフォークへの取り付けボルトも5mm

から6mmに変更して取り付け完了。

Dscf5050

 今度こそバッチリです。(^^

 

  

| | コメント (0)

2019年6月16日 (日)

通勤ママチャリのカゴ修理

 鳥海山SEA TO SUMMIT 2018用に軽量化した

通勤ママチャリの前カゴステーが折れました。

5mmのアルミ丸棒で作ったステーの曲がり部分です。

5Kg程の荷物を入れてガンガン走るから無理もありま

せん。

 

 しかし、ステンレス棒で作り直すのも面倒だし重くなる

ので、ステンレスパイプをL字に曲げて差し込みました。

Dscf5037

 少し潰れていますが、強度はバッチリです。

 

 さて、自転車通勤は本当に気持ちいいですが、片道

16Km走っても、見かける自転車通勤者はたったの

二人しかいません。オートバイでもほんの数人。

皆さん自動車で、それ以外の選択肢は無いようです。

通勤時間帯は市内が混むので、自転車も意外に速い

んだけどねー。私の場合、高速仕様の3速ママチャリ

では車より10分多く要しますが、市街地に限れば車

よりも速いです。歩道も走れるからね。

 

 でも、普通のママチャリでは無理。それしか乗ったことが

ない人が殆どなので、地方では誰も自転車通勤しないと

いう一面がありそうです。これって、自転車業界のせいだと

思うんですよね。普通のママチャリでも、ハンドルとサドル、

シートピラーを変えるだけで劇的に走りやすくなるだけに、

実に勿体ない。軽量化すれば更に快適になります。

Dscf5038

 私の愛車で12Kgと、ノーマルより8Kg軽いです。

クランクギアを大きくしていることもありますが、追い風

8mほどあれば平地でも時速60Km出ます。

 

 理想的には、内装式11速+STIレバーに変更すれば

完璧!!。平地ならロードバイク並の走りが出来るでしょう。

実は交換したい。。(^^;;

 

 やはり、通勤自転車には泥よけと前カゴは必要です。

加えて、メンテナンスフリーのベルト駆動式ならベスト

だと思います。メーカーさんは何故作らないんでしょう

かね??。

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2019/06/post-2b1bf6.html

へつづく。

 

 

 

| | コメント (4)

2019年4月 6日 (土)

スパイクタイヤ再生②完了!

 今度こそ、走行中に剥がれることがないようにしました。

Dscf4965

Dscf4964

 ポンチで穴を開けて、ハトメで固定したワケです。

Dscf4963

 数が多いし、作業性がかなり悪いので3時間もかかり

ましたが、来年の冬もこれでバッチリです。⛄

 

 しかし、当然の事ながら重くなりました。

ノーマルが1,070gなのに対して1,550g❗。

 

 とはいえ、どうせ重い自転車で使うので問題なしです。

買えば一本¥8,000もするタイヤなので、ウンと

安く済んで嬉しいです。(^〇^

 

| | コメント (0)

2019年3月31日 (日)

スパイクタイヤ再生

 シュワルベのMTB用高級スパイクタイヤ、

「アイススパイカー」を再生したのは2月のこと

ですが、その後の山行の帰り道でガンガン

飛ばしたら、残り30Km地点で剥がれてしまい

ました。

 

「こりゃ、マジでヤバイぞ!!」

というワケで、念のために持っていたロックタイを

全部使って無事に帰宅しました。

 

 その後、別の手を考えて材料は揃えておきました。

本日実行です。前回使った1.5インチのスリックタイヤ

はもう使えないので、もう一本の古タイヤを使いました。

Dscf4957

 このまま被せるとフェンダーに当たるので、削る必要が

あります。カッターナイフでシコシコと削りました。

Dscf4958

 次はディスクグラインダーで仕上げますが、作業性を

上げるための道具を速攻で作りました。

Dscf4959

Dscf4960

 捨てずにとっておいたMTBのフロントフォークが

役に立ちましたね。(^^

 

 ということで、作業がとても捗りました。

Dscf4961

 そして、アイススパイカーを被せてから、シリコン

コーキング材を1本充填して空気圧を上げました。

この作業台を使うと、タイヤのセンターをしっかりと

合わせることが出来るのでとても便利です。

 

 ベースタイヤとの隙間にシリコンを詰め込んでから

拭き取れば今日の作業終了です。

Dscf4962

 完全に乾いてから、固定する作業をやります。

 

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2019/04/post-d7ac.html

へつづく。

 

| | コメント (2)

2019年2月 7日 (木)

アイススパイカー復活④

 接着剤がベタベタについてしまった
ので、そのついでに塗りたくりました。

A93f8d804cc0457587887dcf958647b9_2


 見た目は最高に悪いですが、まぁこれで
良いんでね?。どうせ見た目気にしないタチ
だし。(笑)

 ということで、予定していた仕上げは
やめて、これで一応完成です。ロックタイ
も要らないからタイヤ交換も普通に出来る
のだ。


| | コメント (0)

2019年2月 5日 (火)

アイススパイカー復活③

 カッターナイフでブロックを切り落とした
セミスリックタイヤを、機械力を駆使して
完全なスリックタイヤに仕上げました。

Dscf4904

 アイススパイカーを被せてもフェンダーに
干渉しないことを確認してから接着ですが、
これが時間との戦いのような感じで意外に
大変でした。

 でも、センターも何とか合わせてから空気圧
を上げて、本日の作業終了

Dscf4905

 うん。行けそうな気がしてきたゾ。

| | コメント (0)

2019年2月 4日 (月)

アイススパイカー復活②

 「山形SEA TO SUMMIT」を厳冬期にやるに
当たって最も重要な装備は、使用する自転車
のタイヤです。ツルッツルの雪道で転倒して、
もしも後続車があれば、あの世行きの可能性
が高いからです。特に、幹線道はメチャクチャ
危ない。

 ですが、全幅の信頼を寄せている300ピン
のスパイクタイヤが一本逝ってしまったので、
100ピンのタイヤをフロントに履かせて
いました。

 結果、やはり転んだ。接地する全ての
ブロックにタングステンのピンが打って
あるアイススパイカーとは天と地ほどの
違いがありました。

 ということで、先日紹介した方法を実践
してみると、1.5インチのスリックタイヤ
では遊びがあって面白くない。1.9インチ
のタイヤに被せてみればフェンダーに干渉する
ときたもんだ。

 仕方ない。本気でやるか。。

 ベースには使い古しの2インチセミスリック
タイヤを使うことにしました。そのためには、
接着するのに邪魔なブロックを全て切り落とす
必要があります。

 そこで、シコシコとカッターナイフで切り
落としました。

6e59636afe854fe4b4a20337b88626a4


Cf6603fccf0e495ab354f639fb309831

 今日はここまで。あとは機械力で削って
貼り合わせれば完成です。

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2019/02/post-b01e.html

へづづく。

| | コメント (0)

2019年1月10日 (木)

アイススパイカー復活!!

 シュワルベの超高性能スパイクタイヤが
逝ってしまったので新たに探したものの、
この時期には全て売り切れだという。

 仕方ない。別の手でいくか。。

Dscf4836

Dscf4837

 見事に復活しました。

 パッと見では分からないと思うので解説
します。実は、ワイヤービードを含むサイド
ウォールを切除して、1.5インチのスリック
タイヤに被せたんです。

 内側に滑り止めを施してロックタイで締め
上げてやれば、外れることはないでしょう。

 しかも、ビードが無いから、折り畳むこと
も出来るのだー。

Dscf4838

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2019/02/post-59b7.html

へつづく。


| | コメント (4)

2018年12月31日 (月)

空振り三振

 自転車で山登りに行こうと早起きした
ものの、

 

「今日はお寺に行く日でしょ

 

 うっ、しまった。すっかり忘れてた。。

 

 寺が開くのは朝8時なので、それまでに
準備しよう。
 
 まずは、夏山用にリングを小さくしてみた
ものの、使う必要を感じなかったストックを
冬山用に戻しました。押入と土蔵を探して
やっと見つけた二つを取り付けました。

 

Dscf4821

 

 色形が違いますが、買う気が無いので
これでヨシとします。

 

 これをザックに取り付けて、

 

Dscf4823

 

 山形SEA TO SUMMIT用のスキーを
STSS-Ⅰに搭載しました。

 

Dscf4824

 

 寺の用事を済ませてから、いざスタート
除雪していない雪がザクザクになって走行困難
でしたが、広い道に出れば走れるだろう、と
頑張りました。

 

 しかし、なななんと
フロントタイヤが外れた

 

「マジかよー」 

 

 空気圧は低めにしましたが、まさか外れる
とは

 

「あ゛ー、こりゃダメだ。」

 

 自宅から200mの所で本当に良かったです。
予備のタイヤなんか持ってないからね。

 

 そこで、引いて戻ると、よく調べました。
案の定、ビードが切れてました。

 

Dscf4822

 

 古いママチャリのタイヤで切れたことは
ありましたが、まさかシュラルベの高級タイヤ
で起きるとは思いもしませんでした。

 

 これ以前に使っていたスパイクタイヤに
交換はしましたが、時間的に厳しいし、
道路が悪すぎるので今日は中止。
まさに空振り三振した気分です。

 

 仕方ない。木工をやるか。 

 

| | コメント (2)

2018年12月29日 (土)

スパイクな季節

 今日から正月休みなので、やることが
多いです。まずは松飾りだよねー。

 そこで、松を切りに行くためにタイヤ
交換です。

11032fa539074f87a0c5cb8df5ade76c_2

 全幅の信頼を寄せている、シュワルベ
のスパイクタイヤです。ツルッツルの
アイスバーンでも普通に走れるほどに
優秀なタイヤですが、雪が深い畑道は
難儀でした。深雪でも楽に走れる自転車
の構想もありますが、使用頻度を考えると
チョットねー。(〜〜


98fd6cd63d574e6385e5712b5254b0a9_2

| | コメント (0)

より以前の記事一覧