2017年3月10日 (金)

兼用座椅子②

 モンベルのコンフォートシステムパッドを座椅子としても
使えるようにして重宝していましたが、壊れましたー。

といっても、2枚のアクリル板を繋いでいたガムテープが
剥がれただけです。やっぱり、手抜きはダメですね。(笑)

 そこで、トリマーで長穴を開けて、ナイロンベルトで連結
しました。これなら離れる心配は無用です。good

Dscf2078

Dscf2081

| | コメント (0)

2017年1月31日 (火)

兼用座椅子

 雪山でのテント&雪洞泊でかつて使っていた、モンベル製
U.L.COMFORT SYSTEM PAD120を車中泊用に流用しました。
昨夜に思いついて、その勢いで取りかかったのを仕上げました。
当初考えた「改造」ではなくて流用です。

 このエアマットは非常に優れた製品ですが、それを座椅子
としても使えるようにしたワケです。

Dscf2033

 手元にあった5mm厚のアクリル板をカットして、トリマーで
開けた穴にベルトを通しました。

Dscf2041

Dscf2032

 ワンタッチで解放出来るようにしたので、就寝時には普通の
マットとして使えます。good

Dscf2034

 マットに最初から付いている収納用のベルトで、背もたれを
固定します。

Dscf2036

 早速、車に持ち込んで使ってみるとバッチグーでした。
狙い通りで、アクリル板が適度にしなって良い感じです。
これに、娘が置いていった二つ折りのクッションを載せると、
丁度良いヘッドレストになりました。これは、寝る時の枕にも
なります。smile

Dscf2039

 飲食しながらそのまま眠ってしまってもOKですね。sleepy

 ということで、寝ても起きても使えて、邪魔にならない点が
優れています。商品化もアリかsign02。(笑)

 ちなみに、このマットを何故使わなくなったかというと、
登山装備の超軽量コンパクト化を目指した結果、自作の
ピロー付きマットを採用したからです。

| | コメント (2)

2017年1月30日 (月)

ザックの修理

 昨日の鳥海山行で、ザックの天蓋の縫い目が解れたので
縫い合わせました。

Dscf2029

 30年以上使っているザックなので色褪せがかなりです。
山スキーで酷使したので補修箇所は20カ所以上にも及び
ますが、その全てに手縫い用のステッチャーを使いました。
非常に便利です。good

 そうして、ある種の感慨にふけりながら作業していると、
アイディアを思いつきました。かつて、登山で重宝したもの
の、今は使っていないモンベルのグッズについてですが、

「そうだ、あれを車中泊用に改造しようsign03。」

 材料はあるので、取りかかれば速いでしょう。
何かは、出来てからのお楽しみということで。smile


 

| | コメント (0)

2016年11月 1日 (火)

TLTアイゼン 90mm

 30年振りでスキーアイゼンを買い換えました。
買ったのは、ディナフィットTLT用の90mm。

Pb010035

 今年の3月だったと思いますが、ガリガリの鳥海山で使った
ら、愛用のアイゼンの爪が左右に大きく開いていたんです。

「あ゛ー、これじゃもう使えないな。金属疲労か!?。」

 無理もありません。チロリアTRB用の純正品ですが、あまり
にも酷使したからかビンディングは2年で完全に壊れたので、
頑丈さでは定評のあったジルブレッタの302&402に変更
したのに伴って、それ用に無理矢理改造して13年使いました。

 その後、超軽量化のためにディナフィットTLTspeedへの変更
に伴い、TLT用に改造して更に5年使いました。

Pb010036

 ということで、十二分に元は取りましたが、改造アイゼンに
取り付けていたボンネットゴムは新しいアイゼンに移植します。
これがないと登高時に爪が深く刺さらないんでね。

 あとは山に雪が積もるのを待つばかりですが、今日はグッと
冷え込んでかなり冷たい雨が降ったので、山は雪でしょう。
サーフスキーの後は山スキーのシーズンなのだ。

 昨シーズンは異常な少雪だったので、今年は期待しています。
楽しみだのや~sign03happy01
 

 

| | コメント (2)

2015年5月 7日 (木)

ヘルメット

 甚大な被害を出した御嶽山の噴火以来、ヘルメットを被る
登山者がグッと増えましたね。蔵王や箱根山の危険情報も
あるし、活火山である鳥海山だって油断は出来ません。

 そこで、一昨日の鳥海山行にはヘルメットをザックに括り
付けて行きました。ヤバイと思ったらすぐに被ろうというワケ
です。

 が、どうも邪魔くさい。私は雪の上で休憩する時にザックを
椅子代わりにするからです。いつも被って行動すれば理想的
ですが、持参したのがこれなので抵抗感がありました。

P5070084

 農家時代に立木伐採の仕事をする時に被っていた物で、
工事関係者が普通に被るタイプですね。安全性は高いと
思いますが、仕事でいつも被っているのと似たりなので、
登山時に被る気にはならないワケで~。coldsweats01

 そこで、考え方を変えました。

「帽子の代わりに被れるヘルメットなら良いんでね?。」

 それなら、噴火はともかく、転倒時にも頭を守ってくれ
ますからね。普段使っている自転車用を被ることも考え
ましたが、頭頂部の隙間が大きすぎてイマイチ。

 結局、とがしスポーツで買ってきました。

P5070085

 モンベルショップになって以来、ほぼモンベル製品しか置いて
いないのは少々不満ですが、頭にジャストフィットしてとても軽い
し、放熱性も充分なので使い勝手は良さそうです。帽子として
愛用することにしましょう。特に、坊主頭だしねー。wink

| | コメント (0)

2015年3月23日 (月)

バックル交換

 先月の山行で、30年間愛用しているMt.daxの30リットル
ザックのバックルを壊してしまいました。

P3220021

 車のドアで挟んでしまったからですが、いとも簡単に壊れた
ので、きっと劣化していたんでしょう。

 そこで修理です。こんなこともあろうかと、廃棄処分した仕事用
ザックから外しておいたバックルを縫いつけました。

P3220022

 修理箇所は20カ所以上にもなりましたが、まだまだ現役
です。good

| | コメント (2)

2015年2月 8日 (日)

新板お試し山行

 先週買ったばかりの新板、HEADのギャラクティカ84の性能
を確認するために鳥海山へ行ってきました。昨夜は中年飛行隊
の飛び始めが白熱して深夜まで及んだので、8:00スタートと
なりました。

 出発前に専用シールを貼り付けました。

P2080017

P2080018

 箱から出すとすぐに使えるというのは凄く良いですね。
長さやサイドのカットが不要で一発取り付けでした。

 しかも、オマケ程度の物ではなくて、信頼のコールテックス製
です。見たところ、モヘア+ナイロンの混合タイプのようです。

 取り付け金具もバッチリ合うので歩行時に外れる事はまず
ないでしょう。

P2080019

 さて、歩き出しての一歩目には、

「おおおっ、メッチャ軽っsign03

と思いました。K2のヘルベント189cmと比べたらとんでも
なく軽くて、クロカンスキーを履いているような気さえしました。
天気は下り坂でしたが、山が見えるので殆どハイキング気分。

P2080020

 登りになればその軽さがいよいよ生きるワケで、急斜面も
グングン直登出来ました。シールも良く効きます。good

 とにかく、短く軽いのでキックターンは楽々だし、ビンディング
に加わる捻る力が小さいので外れる心配も殆ど無いでしょう。
センターが83mmと細めですが、少々の新雪なら全く問題ない
ほどの浮力もあります。

 やがて滝の小屋に着きました。

P2080022

 年末は大雪が降りましたが、それ以降は殆ど降っていない
ので、今年はかなり雪が少ないです。とても2月の山とは思え
ませんね。。

 小屋には今日も誰もいなかったので素通りして登りました。
シュカブラのない乾いたフラットバーンで、ともて登りやすかった
です。

 まもなく河原宿到着。

P2080025

 山頂付近の雲も時折切れて垣間見ることが出来ましたが、
雨雲が迫ってきていたので今日はここまで。サッサと滑り降りる
方が利口というものです。シールを剥いで収納しましたが、貼り
付ける網が使いやすいし、袋が大きいので入れるのがとっても
楽。秀逸です。

 さて、滑りの方はどうでしょう?。
163cmと短いので安定感は少し劣りますが、すぐに慣れました。
全く問題なく快適に滑ることが出来ます。他に誰もいないので絶叫
しながら滑っていました。(笑)

 樹林帯の重い雪でも快適でしたが、さすがにモナカ雪はヘル
ベントのようなワケにはいきません。

 ただ、そこだけ気を付ければ良いので、トータルでは大いに気に
入りました。こりゃ良いね。fuji

P2080028

 

| | コメント (4)

2015年2月 1日 (日)

HEAD/GALACTIC84 163cm

 昨シーズンの最終山スキー後に使えなくなった細板用の
シールの代わりをどうしようか思案していましたが、センター
幅が61mmではどう考えても発展性がないので、板も更新
することにしました。10数年活躍したエランのスティンガー
176cmとはおさらばです。

 で、ICI石井スポーツ新潟店でじっくりと選定しました。
手には改造クランポンを持って。。。

 というのも、TLTスピード用のクランポンって¥9,000も
するので、今まで使ってきたブツで間に合わせたいからです。
チロリアTRB→ジルブレッタ302&402→TLTスピードと改造
しながら30年に渡って使ってきたので元は十分に取りましたが、
何せ貧乏性。勿体ないし、愛着もあるんです。wink

 その結果、センター幅83mmのHEAD/GALACTIC84に
決定しました。長さは163cmでロッカータイプ。3サイズは、
133-83-115mm です。結構軽いし、専用シール込みで半額と
格安なのが決め手になりました。170cmの板はセンター幅が
84mmでアウトでした。

 軽さで言えばディナフィットが驚異的でしたが、値段がメッチャ
重いので問題外でした。wobbly

 ということで、帰宅するとすぐに金具の取り付け作業開始です。
まずはTLTスピードを外したエランで型紙を作り、位置決めと
穴開けをしました。

P2010011

 ボール盤を使えば簡単です。

P2010010

 4×9mmで開けた穴に接着剤を流し込んでからビス止め
しました。誤差0mmでバッチリ取り付け完了です。こういう
作業はショップに任せるよりも自分でやる方が確実です。

 エランと並べてパチリ。

P2010012

 クランポンもバッチリ填ります。左右の隙間0mmのギリ
だけど。coldsweats01

P2010014

 シールは専用なので切る手間が要らないのが嬉しいですね。

P2010015

 スキー場のタダ券を貰ってきたので、天気が悪い日に行き
たいと思います。

 ちなみに、板+TLTスピード+流れ止めの重量は3,560g
でした。エラン+TLTスピードが3,400gだったので殆ど変わり
ませんね。いやぁ、嬉しいな~。delicious

 実は、短くやや太めで軽いのがミソでして、計画中の山行を
実行する為に必要なのです。センターが83mmでも、トップと
テールが割と太いので浮力もあるでしょう。小回り性能も期待
出来ます。早く試したいなー。confident

| | コメント (2)

2014年5月 8日 (木)

スキーアイゼンの改良

 私が細板用に30年近く使い続けているスキーアイゼンは、
元々はチロリアTRB専用です。それをジルブレッタ302&
402を経てディナフィットTLTspeed用へと無理矢理改造して
きました。まぁ、そんな人は非常に稀でしょうねぇ。。

 しかし、先日の鳥海山ではクライムサポート最上段での
爪の掛りが不十分でした。仕方ないので1段目にして何とか
頑張って外輪まで登りましたが、やはりキツイです。

 そこで、早速対策を講じました。

P5060115

 靴底が当たる部分にボンネットゴムを取り付けたんです。
これで爪が1cm深く効きます。バッチグーのハズですが、
効果を確かめるのは半年後でしょうかねー。

 街へ出たついでに、シール用の糊とワックスを買ってきました。
地元の「とがしスポーツ」からですが、先月末にモンベルショップ
になってしまったので在庫があるか不安でした。

 しかし、担当者は旧来の利用者のことも考えていてくれたん
です。嬉しいですね~。confident

 モンベル製品といえば、私は30年以上前から愛用しています。
テント、シュラフ類、ウェア類等、数十点は買ったと思います。

 でも、別にモンベル崇拝者じゃない。
多くのメーカー製品の中から厳選した結果、たまたまモンベル
製品の購入が多くなっただけなので、ほぼモンベル一色の
品揃えには、正直言って気分が悪くなりました。

 ということで、頑張って欲しいとは思いますが、酒田のような
小さな街で十分な利用客を確保出来るのかsign02、という心配
はあります。。。

| | コメント (0)

2014年4月23日 (水)

補助ロープ

4月20日

 妻と仙台市に出かけました。天気が良かったので本当は
山に行きたかったんですが~。coldsweats01

 そこで、折角なので妻を三越デパートに下ろして私はICI石井
スポーツに行きました。仕事で使うブツを見たかったんですが、
担当者が出張で不在でした。(ーー

 仕方ないので店内を見て回りました。特に目を引く物は皆無
でしたが、以前から行きたいと思っている山で使うためのロープ
を買いました。

Cimg0013

 8mm×30mロープですが、癖を取るためにエイト環を何度も
通しました。

Cimg0014

 エイト環も小型軽量のがあったので、ついでに買いました。
あと、スリングも。

 癖を取った後は束ねて、

Cimg0016

 収納袋に入れました。

Cimg0017

 ザックに入れても大して嵩張らないし、垂直の岩場を懸垂下降
で快適に下れるでしょう。私の場合、チャンスは突然訪れるので、
準備だけはしておかないとね。wink

| | コメント (0)

より以前の記事一覧