2018年3月19日 (月)

ヘルメット改造

 先月に登った鳥海山の1,900m付近でのことです。
滑降の準備を整えて、最後にヘルメットを被ろう とした
ものの、厚いグローブをした手では、顎紐を留めることが
どうしても出来ませんでした。

 そのうちに、片方のバックルからベルトが抜けてしまい
ました。

「こんなの、冬山では使えん‼️」

 冬山ではグローブを外せない状況もあるんです。

 そのヘルメットとは、3年前に買ったモンベル製品
(イタリア製)ですが、バックルが小さ過ぎるんですね。

 そこで、改造するために20mmのバックルを買って
きましたが、ヘルメット本体からベルトを外せるように
出来ていない。

 仕方ないので、切断してバックルを通してから熔着
しました。もう片方も、ベルトの脱落を防止するために、
折り返して熔着しました。これなら使えます。

29386287_801117516742408_4221473718


29389224_801117540075739_7268537824


29365681_801117570075736_5249392007

| | コメント (4)

2018年3月13日 (火)

ピッケルお試し山行

 今日は自動車運転免許の更新講習(30分)のために
休みを貰ったので、その後は鳥海山へ直行しました。
天気図を見ながら講習日の予約をしたのは言うまでも
ありません。(笑)

 さらに、昨日は雪が降ったし、急激な気温上昇でアイス
バーンが溶けて、シールが効くことが期待できました。
登山開始時間が11時過ぎだったからね~。

 しかし、さすがに時間的に頂上アタックは無理なので、
再生したばかりのピッケルを試すことを主な目的にしました。
別に急斜面じゃなくても、アイスバーンがあればOKです
から。

P3130001

 風は強いものの、天気はまずまずでした。

P3130003


P3130004

 トレースが無い斜面を登るのは気持ち良いです。

P3130006


P3130007

 河原宿まで登ると、気温0℃で強風が吹いていました。
全面アイスバーンの地吹雪なので、それ以上登るのは
止めてピッケルのテストをしました。壁に見立ててピックを
突き刺すワケです。

 その結果は、なんとまぁ、しょうもない。。wobbly
ヘッドが重いのですんなりと食い込みますが、加重すると
ツルンと抜けてしまうんです。

 さらに、シャフトを突き刺そうとすると、木口が堅雪に
効いてそれ以上刺さらない。。。

「ありゃー、こりゃ使えねしー。」catface

 全くの役立たずです。縦走用ならばピックが長いので
滑落停止は出来るでしょうが、壁では全く使えません。

 ということで、飾り物決定です。期待はしていません
でしたが、予想以下でしたー。coldsweats01

 下りは、マタフリ沢の上がパックされた雪だったので、
快適に滑ることが出来ました。樹林帯の腐れ雪も問題なし。
結果オーライの山行でした。wink

 

| | コメント (0)

2018年3月11日 (日)

シャフトの木取り

 再生したピッケルの写真を見て、

「あれっ?」

と思った人はいるでしょうかね?。

 シャフトに注目して下さい。
打撃方向に対して、ウイリッシュは柾目ですが、ホープは
板目なんです。横から見れば逆になります。
強度を考えればウイリッシュが正解だと思うんですよね。

29063315_797261553794671_4087540364


28958450_797261547128005_6512559288


 実際、ハンマーで比較すると、打撃方向が板目の柄は
弱くて割と簡単に折れます。私が柄を交換する際には、
厳選して必ず柾目の物を買います。ホームセンターで
売っている柄の木取りはいい加減で、柾目と板目、中間が
1/3ずつ位です。

 ホープ社がなぜ板目を採用したのかは不明ですが、
元々は80cmほどあった縦走用と考えられるので、
打撃強度はさほど必要なかったのかも知れません。
横から見た時に柾目の方がスマートな印象もあります
からね。

 ということで、山で一度使ってみて、後は飾り物かも?。

 ところで、シャフトの切断に際して、寸法を測らずに
感覚的に墨を付けましたが、シモンのムスタング改と
全く同じ50cmに仕上がりました。

P3110032


 重量は、ムスタング改が710gでマナスル改が690g。
振った時の感じはマナスル改の方が良いですが、ピック
の角度はムスタング改の方が壁向きか。
ヘッドが重い分、食い込みはマナスル改が上かも
知れません。全体の強度はムスタング改が断然上。
青氷の壁で使うことが前提なので、やっぱ3月中は
ムスタング改かな~?。

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2018/03/post-4a3d.html

へつづく。。

| | コメント (2)

2018年3月10日 (土)

ピッケル再生②完了!!

 今日は、先日の暴風で剥がれた屋根を修理してから
ピッケル再生の続きです。

 まずは、ボール盤でスパイクを削り出し、次は取り付け穴。
ドリルのセッティングを入念にやって、 垂直の穴を開けました。
これを失敗すると全てがパーになるので、真剣です。
何故かというと、山スキーで使うのにギリギリの長さでシャフト
を切断したから。

29026092_796871560500337_4401015450

 後は、接着剤を入れてからねじ込んで磨き、オイルを
塗って完成。あり合わせの登山用テープで作ったバンドを
取り付けたので、すぐにでも使えます。

28870824_796871583833668_8967627384


28870954_796871533833673_2869107994


29101899_796871510500342_6625183870

 いや〜、嬉しいな〜。

 ちなみに、これは最初の状態です。海彦山彦さんの
おかげで、東京トップ社のマナスルというモデルである
ことが判明しました。1960~1970年の作らしいです。

29067140_796871820500311_5907291357

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2018/03/post-231d.html

へつづく。。

| | コメント (2)

2018年3月 5日 (月)

ピッケル再生

 数年前に解体現場でゲットしてきたピッケルがありますが、
何故かスパイクがハーネスごと切断されていました。
古いヨーロッパスタイルですが、調べてみてもメーカーすらも
全く分かりませんでした。

P3040024

 そもそも、刻字が非常に薄くなっていて判読が難しいだけ
ではなくて、普通のアルファベットとは違うみたいです。
どなたかご存じの方がおりましたら、是非ともお教え下さい。
私が持っているウイリッシュと比較してみると、ピックは
10mm長い16cmでブレードも15mm長いです。

P3050029

 さて、得体は知れませんが、山で使ってみたいので、
スパイクを付けることにしました。山スキー用として短く
切断してから、まずはハーネスの取り付けです。
これには、コンビニのドアの取っ手だったステンレスの
パイプを使いました。ナイフとベルトサンダーでシャフト
を削ったら白木になったので、色を合わせるために全体を
磨きました。ここまでは順調です。

P3050028

P3050031


 あとは、スパイクを作って取り付ければ完成です。
楽しみだな~。(^〇^

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2018/03/post-1b99.html

へつづく。。

| | コメント (4)

2017年12月 9日 (土)

ヘルベント改造!

 私が使っているスーパーファットスキーの
K2ヘルベント189cmは深雪悪雪には無敵です。

 しかし、長くて重いので深雪急登でのキック
ターンは、かなり難儀です。

24862258_756998851154275_2318914935

 しかも、テールがトップ同様に反っているので、
ツェルトの支柱にしようにも雪に真っ直ぐ刺す
ことが出来ないし、シールを貼らずに歩こうと
するとツルツル滑って前進しにくい。

 そこで、以前から考えていたことを昨晩実行
に移しました。

「えーいsign01、切ってしまえsign03」(笑)

 丸ノコで15cm切ってからディスクグラインダー
で形を整え、ペーパーを軽くかけて接着剤を塗布
して終了です。シールもそれに合わせて切り詰め
たら、トータルで440g軽くなりました。

24796413_756998854487608_6124053332


24991384_756998867820940_6376199762


 そして今日、吹雪の月山で試してきました。

 まず、登りは実に快適。足を高く上げる必要が
ないのでキックターンは楽々だし、切断面が雪に効く
ので急斜面での踏破性が向上しました。雪面に突き
刺すのも簡単だし、下りも完璧sign03。美味しいパウダーを
頂いてきました。fuji

 滑走性は変わらずに、平坦地では普通に歩けます。
もっと早くやるべきでした〜。coldsweats01

24909833_756998871154273_7680001172


24852563_756998927820934_8344920809

 ついでに、帰りに本日オープンでリフト無料開放の
湯殿山スキー場で2本だけ滑ってきましたが、短く
なったのでスケーティングも快適になりました。
良いことずくめです。heart04

| | コメント (6)

2017年9月 1日 (金)

ツェルトVSテント

 いや~、サッカー日本代表のオーストラリア戦には痺れ
ましたね。世代交代を明確に感じさせた試合でした。
マイシアターの100インチスクリーンで観戦したので、
臨場感充分!!。

 いや~、若さって凄いな~。2点目を入れた選手は21歳?。
あの切れと無尽蔵のスタミナ、思い切りの良さに感動しました。
オレの息子よりもずっと若いんだよ。(@@

 さて、そんな若者達に大いなる刺激を貰ったことで、
オヤジの やる気も一層漲るワケです。7年振りに行く
予定の北アルプス への篤い思いも一層高まりました。

 そこで、カモシカ山行用に作った、ツェルト用のフライ
シート+ツェルトとアライテントのエアライズ2とを比較して
みました。

P8310006

 写真左側はツェルト一式で、右側がエアライズ2。
中央の小袋はジュラルミンペグで、共用です。重量としては
ツェルトセットの方が1,420gでエアライズ2よりも185g軽いだけ
ですが、圧倒的に小さいですね。ザックも小さくて済むので
非常に有利です。2泊3日でも30リットルザックで充分。
わくわくするなー。happy01

 おっと、その前に小川原湖漕ぎ大会があるんだけど、
台風が。。。crying

| | コメント (0)

2017年8月29日 (火)

ツエルト用フライシート完成!

 鳥海山sea to summitの初日。その準備もせずに早朝から
特製自立ツェルト用フライシート作りをしていました。 (笑)

 全く使わなくなっていたici石井スポーツのツェルトを大胆に
裁断してミシンで末端 処理。張り綱を結ぶベルトを取り付け、
フレーム両端に引っ掛ける ショックコードを結んで完成で す。
妻面がやや短いですが、快適性が大幅アップです。

 しかも、僅か230g。嬉しいな〜。(^〇^

21078747_716085855245575_1574016087


 ついでに、切り落とした生地で、車のドアに取り付けて
使う、水浴び&着替え用の即席ブースを作りました。

P8290001

 これまでは、隣に車が無いと困りましたが、これならば
いつでもどこでもオッケーsign03

 しかも、製作費¥0が嬉しいです。good


| | コメント (0)

2017年8月22日 (火)

ツエルトの手入れ

 天気次第ではありますが、7年ぶりで北アルプスへ行くこと
にしたので準備を始めました。気持ちはもう長野県に飛ん
じゃってます。(笑)

 まずは、ツエルトのお手入れ。私が長年愛用しているのは、
ヘリテイジのスーパーツエルトSですが、ダンロップ式の逆
T字型ファスナーを入り口に取り付けているので、出入りが
非常に楽チンです。

P8220080

 さらに、貰い物のアライテント製フレームを使って、モンベル
のムーンライト式の自立フレームを作ったので、どこにでも
張れます。使い勝手は最高です。(^〇^v

P8220078

 内部にはモンベル製のインナーフレームを加工して使って
いるので、充分な広さが確保できて居住性も良い。


 しかし、雨には弱いので、防水スプレーを吹き付けました。
まぁ、気休めなんですけどね。(^^;;

 いや~、楽しみだな~~。fuji

| | コメント (0)

2017年7月 5日 (水)

小型扇風機

 夏場の車中泊と仕事用に日立工機の充電池式扇風機を
買いました。

Dscf4140

Dscf4141

 私の場合、インパクトドライバー用リチウム充電池が
そのまま使えるので便利です。4Aと6Aのが2個ずつ
ありますから。

 てか、この扇風機を使うために高い充電池と充電器を
買うのは全く現実的じゃない。既にそれらを持っている
人のための製品です。

 で、吊り下げられるようにもなっています。
足場でも使えるように単管サイズのカーブが付いています。

Dscf4139

 インパクトドライバーを現場で使っても、バッテリーを
一日に2個使うことは稀なので、一般的にも一個はこれに
使えます。夏場は重宝しそうですね。

 ということで、背負い式に出来ないか考え中。(^^


| | コメント (0)

より以前の記事一覧