2019年11月10日 (日)

漕ぎ納め

   HORNETSKI RXを買ってきた

ものの、庄内浜はもう冬モードで、

水温は低くて波は高い。。


「せめて一回は漕ぎたいぞ!」


というわけで、ウエットスーツを

着て酒田港内で漕いできました。


   しかし、漁船が頻繁に通るので

岸壁沿いを漕げば、釣り人が多い。

それも避けながら漕ぎ進むと、

出航の準備をしていた大型船の

乗員から注意されるときたもんだ。


   ハイハイ、分かりましたよ。

お邪魔なワケね。。。😩


   それに、サーフスキーはやっぱり

海パン一丁で漕がないと楽しくない

ので、2km地点で引き返しました。


   でも、冬季間にやるべきことが

分かったのは収穫でした。👍


   そこで、来期に向けて車載や

遠征に使うものを最適化しました。


16b8a1d21204458e8f4b71180b2e77ce

   これは、バウ固定帯ですが、

左右を独立させて使いやすく

しました。

168bfc4933dc47a0b4387afe2ee23f12

   車体を傷つけないようにしました

が、既に傷だらけです。

全然気にしないタチですが〜。😅


   ルーフキャリアの間隔を広げて、

無駄に長かったベルトはカット。

8816f5c819f54e4f9b621d6dccf3d5bb

   スターン固定ベルトも最適化しま

した。

3834207ce30d453cae37f5a31b0a5614

   ついでに、遠征用に作った7分割

カヤックカートも、ベルトを着け

直して最適化。

Bf5504a900484ef8bc26080e4615a3da

   よしっ、これで移動は楽々だな。

今後は山スキーと山形SEA TO 

SUMMITのシーズン突入ですが、

一カ月前から日課にしている自作

ローリングカヤックマシンでの

練習は休むことなく頑張ります。😤


| | コメント (0)

2019年11月 4日 (月)

改造ボトルホルダー

    ライフジャケットに取り付けた

ボトルの使い勝手が良くなかった

ので、モンベルのアジャスタブル

ボトルホルダーを買ってきました。

E96389c89629462dac58e318e5946562

   しかし、これはバックパック用

なので、そのままでは使えません。

二本のベルクロテープを外して、

縦ベルトに縫い付けてからジャケット

の肩と横のベルトに縫い付けました。

特製ボトルには振れ止めと脱落防止用

のベルトを縫い付けて完成です。

F73bbcb26e49479588aa187848069741

Cac142ae3e264c048f81a0cd35222645

   今度こそバッチリです。👍

| | コメント (0)

2019年10月30日 (水)

HORNETSKI RX

「軽い艇が必要だ!!」

 

 SEA TO SUMMITで勝つために、2014年に中古購入

して以来愛用しているアヤハブラSSRは、二分割艇の為に

とにかく重いのが難点です。購入時の計測値が21Kgで、

間もなく切れてしまってラダーワイヤーを交換しようにも

中のスリーブがボロボロで通せなかったので製作者に

問い合わせると、

 

「艇を割らないと修理出来ないので、送って下さい。

代金は要りませんから。」

 

という有り難いお言葉を頂きましたが、奄美大島じゃ

遠過ぎて送れないよー。(;-;)

 

 そこで、外通しにするための金具を作って、自転車用の

アウターワイヤーを使って修理したら、益々重くなった。。

計測していませんが、多分22Kg位かなー?。

分割式は意外に面倒だし、組んだままだと車への積載が

また大変ときたモンだ。。

 

 そこで、軽量カーボン艇の獲得を考えました。

海外の一流メーカー品は12~13Kg程度と超軽量ですが、

どうも体に合わないんだよねー。

 

 ならば国産ですが、サーフスキーのビルダーは本当に

少ないんです。SSRの生産地、奄美大島のスコフィッツか

愛知県あま市のイノウ・スタジオしかないのが現状みたい。

 

 ということで、威能さんへ試乗希望のメールを出したのは

先週末のこと。試乗の為だけに愛知県まで行くのは遠すぎる

ので、お隣の三重県熊野市で開催されるシーカヤックマラソン

にエントリーして、台風21号の動向を見極めてから連絡しま

した。試乗が主な目的で、大会は大義名分です。(^^;;

 

10月26日

 忙しい中、時間を割いてくれた威能さんが出迎えてくれ

ました。すでに、競技色が強いというRXが置かれていました。

非常によく研究して作られた艇で、大いに感心しました。

単なるカーボン積層ではなくて、コアマットを挟むことによって

強度を出しているそうです。乗り味がSSRと同等ということに

「ムムムッ」と思いましたが、艇の内側にラダー操作用のナイロン

コードを通す通路を作り込んでいると聞いて、心は固まりました。

メンテナンスが容易だというのはとても大事なことですから。

 

 問題は、いつ買うかですが、ナンと在庫が2艇あると

いう。(@@

最初に見たのは青色のでしたが、棚から降ろしたガン

メタリックがまた渋くて良い。シニア間近のオレにピッタリ

の色ではないか。

 

 そこで、一応訊いてみました。

 

「おいくらですか?。」

 

 すると、ナンチューことでしょう。

HPに記載されていた額よりずっと安い!!。(@@

 

「お金用意してないし。。。」

 

「振り込みで良いですよ。」

 

 うっ、やられた!。と思いつつ、

 

「少し考えさせて下さい。」

 

 と、時間稼ぎをしながら、シートに腰を入れてみると、

これがまたジャストサイズなんだよぉ。

 

 これはもう、あれですね。

ペットショップに子犬を見に行って、気に入った子を

ダッコしたらもう買うしかない。というのと同じです。

 

 更に、交通費を考えればまた買いに行くのは大いなる

無駄なので、試乗することなく目出度くお買い上げ~。

Pa290092

Pa290093

Pa290094

 紐通しが付いているのは良いですね。後ろにも

付いています。

Pa290096

 コックピットは、オーダーメイドかと思うほどに

ピッタリでバッチグーです。両側の重心に持ち手が

付いているのも最高です。

Pa290105

 これは、セルフベイラー「最上川」で、漕ぎ出せば

水が簡単に抜けますが、止まると下写真の穴から水が

モクモクと沸いてきます。

Pa290104  

 思わず指を突っ込みたくなりますが、ゴム栓が用意

されているので大丈夫。(笑)

 

 まぁ、そのままにしておいても沈むことが無いのは

シットオン艇の良いところですね。

 

 ところで、私のアヤハブラSSRは、SEA TO SUMMITの

仲間から「人間魚雷」と呼ばれていましたが、この艇には

正にそれっぽいものが。。。

 

Pa290101

 これはもしや、回天の計器盤か!?。

 

 と思いきや、英語表示だし、何故か上下逆さまに

貼ってあります。威能さん、完全に遊んでるな~。(^^;;

Pa290102

 つづく。

 

| | コメント (0)

2019年9月30日 (月)

レース用ボトル②

   7月27日に載せたシーカヤック

マラソン用に改造したボトルを本番

仕様にしました。

Fc03527cb3ef43b09ac735c004a86833

   レースでいつも使っているモンベル

の「アクアライト」の肩と腰のベル

トに取り付けました。ドリンクの

残量が見えるし、収まりがとても

良いです。再乗艇する際にも邪魔に

なりません。😙

| | コメント (4)

2019年9月29日 (日)

ラダー修理

   

   サーフスキーで海に漕ぎ出した

ものの、ウネリは強いし風が変わり

そうだったので、沖に1km漕いで

戻って終了。


「そうだ、酒田一周してこよう!」


   ところが、ラダーワイヤーの自作

金具が剥がれているのを発見。😭


   ちぇっ、あの接着剤もダメだった

か。。


   そこで、金具を修正してから別の

接着剤で付け直しました。

040d42bd77d644a09f102fb3067d1b55

   ということで暫くは漕げないので、

クロモリバイクから外したデュラの

カセットスプロケットを外して洗浄

しました。

225c090882a6406f8724055139d53455

   ヒルクライムレース用にキープして

おきます。


   さて、新しいオリジナル自転車を

構想中ですが、まずは片付けです。

544fd16929294d3c92c4aae700702d73

   リサイクルしやすいように、タイヤ

とチューブ、リムテープを外して処分

です。


| | コメント (0)

2019年9月23日 (月)

マシン練習

 台風崩れ接近で暴風警報が出ている海には

漕ぎ出せないので、久しぶりにローリング・ロー

イング・マシンを引っ張り出しました。

Dscf5147

 各部に注油して調整してから回す回す。

ジョーバ利用型シートの動きも滑らかです。

 

 でも、壁掛けテレビが壊れてしまったので、

サーフスキーの動画を見ながら漕ぐことは

出来なくなってしまいました。そこが残念です。。

| | コメント (0)

2019年9月16日 (月)

練習3日目

   サーフスキーの本気モード練習

3日目の今日は、15kmレースを

想定しました。


   そのタイムは、1時間46分で平均

時速は8.5km。効率の良い漕ぎ方が

少し身に付いてきた感じです。

やっぱり、練習あるのみですね。😤


   でも、レースでの入賞を目指すには

平均速度を10km以上まで上げなく

ちゃダメなんだよねー。厳しいなあ。

| | コメント (0)

2019年9月15日 (日)

練習日和

   今日の海は練習日和となりました。

Dscf5133 

 よし、今日は本気で練習だ!!。

 

 ということで、3Km余り離れた観測ブイを折り返し地点

として、タイムを計りながらの往復を繰り返しました。

Dscf5134

 すると、沖合を航行するヨットが2隻見えたので、

3度目はそれを目指して一直線。5ノット程で併走しな

がら話を聞くと、今日は5艇で酒田北港と観測ブイ間を

往復するレースだという。旨い酒を飲むための大人の

遊びなワケね。(^〇^

Dscf5144

 今日は風が弱かったので、私の方が速かったです。

例え相手がヨットでも燃えますね。(笑)

 

 で、結局4往復して練習終了。27.5Km漕いで、

最高時速は12.0Km。平均時速は8Kmでした。

後半は細波が立ったので、良い練習になりました。

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

2019年9月 7日 (土)

好感触

   2週間ぶりのサーフスキー練習は、

ベタ凪となりました。今年は殆ど

乗れてなくて、調子はサッパリ。。


   でも、9km先の加茂水族館前まで

ダラダラと漕ぎました。


「あ"ー、これだば宮古は無理だー。」


と思いながら復路も漕いでいました

が、残り7km付近で突然のように

スイッチが入りました。それまでの

平均時速は7.5km/hだったのが、

グングン伸びて、ゴールの18.1km

地点では8.2kmまで上昇しました。

Fae636e9d191486ebe7423bd0419f6c6

   そこで、ざっと計算してみると、

スイッチが入ってからの平均時速は

9.5kmと出ました。向かい風にも

関わらずです。


   これなら、宮古に行っても良いん

でね?って感じです。


    この感覚を忘れないためにも、今日

はずっと漕いでいたいところでした

が、明日は「じろで庄内」だしなー。

相棒には、カーボローディングを

しっかりやっておくように言った

手前、オレがヘロヘロになる訳には

いかんのだ。😅




| | コメント (4)

2019年8月25日 (日)

練習環境

 今日はタンデム自転車のテスト走行等をして

いましたが、夕方になってやっと波が落ちてきた

ので、サーファー達がいる海に漕ぎ出しました。

波高は1mで、普通に漕ぐには問題ないし波乗り

は楽しいんですが、高強度で練習するには不向き

です。

 

 で、しみじみ思いました。

 

「庄内浜だば、サーフスキー向ぎでねのぉ。。」

 

 季節風をまともに受ける11月から3月までは

ほぼ無理だし、それ以外の季節でも穏やかな日は

僅かしか無いんですから。

 

 うーん、レースで競えるようになるには、練習

環境を変えないとダメということか。それは難しい

ことだな。。(--

Dscf5117

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧