2013年1月26日 (土)

サイクルペディア自転車事典

 書店でたまたま見つけた本です。

Img_5062

 いや~、これは実に面白いですね~。fuji

 自転車製作&創作が趣味化している私にとって、収録
されている多種多様な自転車群は実に刺激的です。
製作意欲が大いにそそられますよ~。heart04

 例えばこんなのが載っています。

Img_5063

 自由な発想で作りながらも実用性があります。

 というワケで、色んなアイディアが頭の中を駆けめぐって
いま~す。delicious

| | コメント (2)

2012年10月29日 (月)

POWDER SKI

 このところ、毎日のように雪山の夢を見ます。
スキーを履いて登っているのに、サッパリ進まなくてもどかしい
思いをする夢です。(ーー

 夢占いというものがあるそうですが、私の場合は単純明快なので
解説して貰わなくても自分で分かります。かなりの欲求不満状態
なんですねー。極度の場合はスーパーマンのように空を飛ぶ夢を
見るので、まだそれほどではありません。

 まぁ、時期的に鳥海山に雪が降り始めているので、雪山への
渇望感がマックス状態という事情もあります。特に、昨期に導入
したスーパーファットスキーで、未体験ゾーンの超官能スキーの
世界を知ってしまったことから、その思いは言葉に出来ないほどの
マックス状態です。bomb

 そこで、ささやかな慰めにと買ってきました。

Img_4630

「あ゛ー、早ぐ滑っでーsign03。」 ski

 日本一の豪雪を誇る月山でも滑られるようになるのは来月下旬
からです。大都会の狭山スキー場は既に営業しているというのは
悔しい気もしますが、こっちは天然だからね~。snow

 あと一ヶ月の辛抱です。catface

| | コメント (2)

2012年9月29日 (土)

還るべき場所/笹本稜平

 SONEさんお薦めの山岳小説を読みました。

Img_4481

 K2の未踏ルートでかけがえのないパートナーを失った主人公
が、4年後にK2再挑戦の為にブロードピークの公募登山ガイド
として再起。パートナー遭難の謎や想定外の厄介なパーティが
思わぬ展開を生みます。

 前半は、

「まぁ、ありがちな構成だよね~。」

と思いつつ、核となる登場人物の言葉が、妙に文学的だったり
哲学的だったりするのには、かなり違和感を覚えました。
終盤の極限状況下では特にそうです。そんな、格好いい台詞
なんて吐けないって。(ーー

 冷静になれば、

「そりゃぁ無いだろっsign03

という突っ込みどころ満載なんですが、面白いんです。

 どんどんと状況が悪化していく中で、果たして打開策はある
のかsign02

 これは映画にして良い作品ですね。
経済小説的な要素を織り交ぜているのもミソでしょう。

 残念だった点もあります。
大名行列的な公募登山を露骨に批判していた麓の連中が、
人間の生存が許されない高所で行われた公募隊による決死の
救出劇をどう観たかについてと、不届き者の処遇について全く
触れられていなかったんですねぇ…。

「上手く想像して下さいね。」

ということかも知れませんが、読者の溜飲を下げてくれても良かっ
たのに、と思いました。無駄に長い前半を詰めて終盤を充実させ
れば良かったのにねぇ…。

 でも、楽しめる作品です。

| | コメント (0)

2011年11月25日 (金)

百姓貴族

 妻が何となく買ってきたという漫画本ですが、勧められたので
読んでみました。

Img_3424

 「百姓」と「貴族」という対極にある人種が合体するとは、
これいかにsign02

 作者は荒川弘氏です。北海道十勝の酪農家に生まれ、子供の
頃から家業に携わり、本業としても7年間頑張った経験を元に
面白可笑しく描いています。これは最高です。delicious

 私もプロの百姓だし、北海道の畑作+稲作農家と酪農家で実習
した経験があるので分かります。このリアリティは本物です。
ニタニタ、時に大笑いしながら一気に読んでしまいました。

 本書は生産者と消費者の架け橋にもなる作品だけに、是非とも
多くの人にお勧めしたいですねぇ。

 そこで、二巻以降もあるのかと思って探しましたが、見あたりま
せんでした。残念~sign01

| | コメント (2)

2011年6月21日 (火)

127時間

 アーロン・ラルストン著「127時間」を読みました。

Img_3052

 行き先も告げずに単独で向かったユタ州のキャニオンで、
落下してきた岩塊に右腕を挟まれて身動き出来なくなった
青年アーロン。水と食料は僅かしかなく、脱出への試みは
ことごとく失敗する。そのまま干涸らびて死んでしまうのか…。

 という内容ですが、実話ならではの迫力に満ちています。
当地では予定が無いみたいですが、映画化されて既に上映が
始まっているようです。

 究極的生還劇はこれまでも多数ありましたが、自分の腕を
切り落として脱出した例は聞いたことがありません。
正に究極中の究極sign01

 ここで、当然の如く、

「俺ならならどうするかsign02

と考えました。やはり、あらゆる打開策を試みるでしょうね。

 そして、万策尽きて、岩に挟まれた腕が壊死したことを認識
し、救助される見込みも無い場合には、やはり自分で自分の
腕を切り落とすでしょう。野生動物の解体を多数やった経験で、
関節から切り落とすのは簡単なのは知っていますが、やはり
これは究極の最終手段ですね。そんな目には遭いたくない
ものです。

 でも、いざとなったらやるでしょう。若い頃に一度は失いかけた
この命。生への執着は一層強くなったので~。dash

 ここで現実的に考えました。私が登山用に携帯しているナイフ
はヴィクトリノックスのロック・ブレード式(フォーリスターNL?)
で鋸も付いているので、充分切断可能です。

 それを、非常酒としてザックに入れている「富士山麓樽熟50°」
で滅菌してからオペするでしょう。アルコール度数50°では
低いのは確かですが、やらないよりはマシでしょう。
西部劇で、撃たれたガンマンの弾を摘出する際に、口に含んだ
ウイスキーをブッと吹くようなものかも知れませんが。

 まぁ、そんなことは想像だけにしておきたいものです。catface
 
 それにしても、この本…。400ページ近いですが、もし冒険家の
大場満郎氏だったら100ページで済ませてしまいそうです。
そこまでじゃなくても、もう少し要約しても良いと思いました。

 いずれ、映画のDVDが出たら山仲間と鑑賞したいと思います。

| | コメント (0)

2010年12月28日 (火)

嗚呼 愛しき自転車乗り

 スポーツ自転車に再び乗るようになって4年。自転車乗り
として楽しめる本は無いものかと、本屋に行くたびに探して
いましたが、意外に無いんですね。ウンチク本かハウツー本
ばかりで、読み物として面白い本は皆無でした。

 と、時間つぶしで入った本屋でたまたま見つけたのが
この本。

Img_2529

 著者が稀に見る美人だということだけでも興味をそそるでは
ありませんか。性格は悪そうな気もしますが、女王様っぽくて
好きだなぁ。(笑)

 この著者は、ドロンジョーヌ恩田さんということです。
初めて知りました。

 個人的見解として、この本は、

「自転車乗りによる自転車乗りの為だけのエッセイ集」

という印象です。読んできて、

「だよね~」

とか、

「ウンsign01、分かる分かるっsign01

みたいな感じで、

「あんた、女なのに何でこんなに男の気持ちが分かるん
だよsign02

と思いながらも爆笑の連続です。下品さも魅力です。
本編には注釈が一切無いのも潔くて良いと思いますねー。

 エロっぽい「自転車性活」に至っては、もう最高です。
実に素晴らしいっsign03。\(^〇^)/

 ということで、自転車人には強くお薦めします。(笑) 

| | コメント (0)

2010年10月 1日 (金)

ひとりぼっちの鳥海山

 鳥海山祓川ヒュッテで、長年にわたり管理人をしていた
佐藤康さんの著書です。

Img_2062

 読んだ気でいましたが、未読のまま本棚に収納されていた
ようです。coldsweats01

 康さんが祓川ヒュッテの管理人になったのは昭和26年との
こと。ナンと60年も前で、それ以降の話が淡々と綴られていま
す。古き良き時代のお話って感じですね。

 読んでいると、時間の流れが今とは全然違うなー、と思います。
現代はすこぶる不健全だなー、と改めて思わせる一冊と言っても
良いでしょう。

 残念ながら私は康さんを知りません。
いや、それどころか、私は山小屋の管理人を誰一人として知りま
せん。ただただ仕事が忙しくて、登山シーズンは山に行ったとしても
山小屋は素通りで、利用するのは誰もない冬ばかり……。

 祓川ヒュッテに居候の大学生と康さんの関係なんかには羨ましさ
すら感じました。ほのぼのとした良い関係ですね。

| | コメント (0)

2010年9月26日 (日)

買わなぐていいんだ。

 JR東日本で売り上げNO.1を誇る新幹線アテンダント
である、茂木久美子さんの著書です。

Img_2056

 NHKラジオでインタビュー番組を聞いてからファンになり
ましたが、妻が本を買ってきてくれました。

 第一印象は、

「かっ、可愛いっsign03heart04

 なんとも自然体な可愛らしいお嬢さんなのです。
御年29歳とのことです。

 山形新幹線のつばさレディ募集に応募した際に、面接に
何とコギャルの格好で行ったという破天荒さにも惹かれます。

 しか~し、落ちたと思いきや目出度く採用されて、その後の
努力と創意工夫が稔って、ナンと一日の売り上げで50万円と
いうトンデモナイ記録を作ることになった逸材だったワケです。

 そして、今や、たった3人しかいないとういうチーフ・インストラ
クター。

 そんな彼女をマスメディアが見逃すはずがありません。
「カリスマ販売員」として大きく取り上げて、今や講演依頼が
殺到し、テレビ、ラジオ、新聞などで大きく取り上げられるように
なったのです。

 いや~、この本は、ほのぼのとしたとても暖かい気持ちにして
くれます。「買わなくていいんだ。」というタイトル通りで、買わない
で立ち読みでも1時間位で読めてしまうでしょう。(笑)

 でも、買って損の無い本と言えます。
彼女の屈託のない笑顔がいつでも見られるだけでも買う価値が
あります。¥1,200という値段も絶妙だと思いました。delicious

 残念ながら、私は山形新幹線には一度しか乗ったことがありま
せん。それも、17年前に山形県境縦走の帰りに利用しただけです。
今後も利用する見込みは全く無いので、茂木さんに会える機会も
全くないと言っていいでしょう。本当に残念ですが、これからも素敵な
笑顔と山形弁で頑張って欲しいものだと思います。delicious

| | コメント (0)

2010年7月 7日 (水)

面白南極料理人

「映画よりも原作の方が面白いんじゃないの?」

と思って買ったのがこの本。

Img_1886

 新潮文庫版、 西村淳著「面白南極料理人」です。

 標高3,810m、年平均気温ー57℃、最低気温ー80℃
という、ウイルスさえも生存できないという想像を絶する世界
で一年間過ごす……。凄いですねー。(@@

 南極の昭和基地から内陸部に1,000Km入った地点に
ある「ドームふじ基地」。その観測拠点に海上保安庁から
料理人として一年間参加した著者が、そこでの生活を人間
模様も交えて面白可笑しく書き綴っています。

 コンビニも何もない極地にポツンと建つドーム基地。狭く不便な
施設に9人の男が一年間共に暮らすというのは究極的ですよね。
そういう状況下では、作業ダイバー時代に私も経験ありますが、
食べることがほぼ唯一の楽しみとなるワケで、この本で紹介される
料理と食材が凄いっsign03。国内外の超高級食材がこれでも
かと出てきます。私のような貧乏人では一生お目にかかれない
ような代物ばかりです。勿論、全部冷凍物ですが。(笑)

 その一方、一般庶民の食材を仕入れるのを忘れていたりする
のがまた笑えます。

 映画「南極料理人」を山仲間と鑑賞した際に、

「もし機会があれば行くか?」

と皆に聞くと、

「もちろん行くっsign03

と力強く答えました。そりゃそうだろう。オレだって喜んで行く
よ~。smile

 同じ本を何度も読むことはこれまでもありましたが、読み終え
てすぐにまた最初から読むというのは本書が多分初めてです。
それほどハマっています。現地にいる自分が夢にまで出てくる
ほどです。(笑)

| | コメント (3)

2010年6月 9日 (水)

エスティマ日和

 「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」の著者、ママチャリ
さんの最新エッセイ集です。

Img_1783

 爆笑ネタ満載ですが、個人的には所持品検査の話が一番
受けました。ママチャリさんとはほぼ同世代ですが、この感性と
行動力には感服します。お見事sign03。\(^〇^)/

「何それ?」

と思った方は、是非読んでみてね。過大な期待が無ければ
楽しめます。wink 

| | コメント (0)