2019年5月10日 (金)

小型練炭コンロ用焼き板

 先日の祓川では自作練炭コンロに網を載せて

焼肉を楽しみましたが、有効面積が小さくて

効率が悪かったので、もっと広い面積に熱が

伝わる専用の焼き板を作りました。

Dscf4991

 6mm厚のステンレス板ですが、実はステンレスは

油が染み込まないので焼肉とかには不向きです。

普通の鉄板の方が断然良いです。

 

 でも、錆びないので取扱いは手軽なんですね。

 

 そこで、60番のサンダーで傷を付けて油が乗る

ようにしました。取り付けた取っ手は、焦げた時に

ひっくり返すためのものです。縁がないので、

余計な油は落ちるという寸法です。

 

 ちなみに、板の上に載せている金具は、練炭燃焼時

の本体を持ち上げる為の道具です。

 

 

| | コメント (0)

2019年5月 8日 (水)

小型練炭コンロ完成!!

 3mm厚ステンレス板で作った折り畳み式の

練炭コンロを、ヒーヒー言いながら祓川まで

自転車で持っていったものの、歪みやすくて

実用的でないことが分かったので改良しま

した。自宅で試した時は良い具合だったん

ですけどね。。。(--

 

 結局のところ、練炭は一晩で一個しか使わ

ないので、折り畳む意味が無いということで、

折り畳み式はヤメました。(^^;;

 

 そこで、組み立てた状態で箱を溶接してから

蝶番を削り落としました。

 

 そして、二次燃焼用(?)の穴を開けてから

吸気口を開けて、調節用シャッターも取り付け

ようと思いましたが、チョット待てよ。

珪藻土の練炭コンロを使う時は、いつも全開

だったよなー。

 

 てことは、シャッターは必要ないということです。

作る手間が省けて軽く済むなら良いんでね?。

Dscf4985

 珪藻土のコンロが4.8Kgなのに対して、ステンレス板

で作ったコンロは丁度2Kgです。持ち運ぶ場合には、

中に練炭と外した五徳を入れるので、体積比でも

半分以下でしょう。

 

 ということで、完成!!。

その内に試してみましょう。(^^ 

| | コメント (0)

2019年4月27日 (土)

折り畳み式練炭コンロ完成!!

 雨降りとなった10連休初日は工作日和なので、

数日前から構想を練っていた練炭コンロを作りました。

 

 私は練炭コンロが大好きです。

マッチ一本で点火して、強い火力が6時間も

持続するからです。風の小屋では定番の調理

器具で、焼肉や炉端焼きで大活躍します。

 

 しかし、重いし嵩張るので、移動用には不向き

なんですよね。。

 

 そこで、折り畳み式というワケですが、ネット検索

しても全くヒットしませんでした。作る価値アリです。(^^v

 

 材料は、例によって在り合わせなのでタダ。

現物合わせで作りました。

P4270004

 これを組み立てるワケですが、所用時間を計測して

みました。

P4270005

 その結果、45秒後にはこの通り。(^〇^

普通の練炭コンロと比べてみましょう。

 

P4270007

 3mm厚のステンレス板を使ったので、かなり

しっかりしている割には重さ2.3Kgで、既製品の半分

以下です。

 

 畳めばこの通り。

P4270006_1

 かなりコンパクトです。

  ステンレス板の隙間が結構あるので空気穴は

開けていません。まぁ、試してみて必要なら作ります。

 

 フフフ、これなら、自転車にも積めるな~。

小枝も燃料として使えるでしょう。(^^

| | コメント (0)

2019年3月24日 (日)

水漏れチェック

 先日、所さんの番組で、「男の隠れ家」を
検証していました。
 それによると、どうやら「人目に付かない、
自分だけの飲み屋や隠れ宿」を指すのが
一般的のようです。
 
 へー、そうなんだ。「自分だけの飲み屋」
なら私にもあるけど、「隠れ家」とは言わない
のかな?。ホームシアター化した自室や
風の小屋、キャンピングボックス、移動式の
ホテル・エアウェイブ、工房、潮風庵と6つも
ありますが、まぁ、工作する事が目的だった
りしたからねー。
 アウトドアボイラーもそんなワケで作って、
大幅改良までしましたが、まだ一度も使って
いませ~ん。(^^;;
 そこで、満月が楽しめる休日の夜を狙って
いますが、事前に水漏れチェックをしました。
Dscf4950_1
 おー、バッチリだ。全く漏れないゾ。
二次燃焼システムが機能するかには興味がありますが、
満月待ちなのである。(笑)

 

| | コメント (0)

2019年2月17日 (日)

アウトドアボイラー改良⑤完成!

 材料が手に入ったので、一気に作り上げ
ました。総ステンレス製です。

Dscf4916

 扉は歪まないように6mm厚です。

Dscf4917

 火床も入れました。

Dscf4918

 二次燃焼用の吸気口です。

24bit01


 中を覗くと二次燃焼用吸気管が見えますが、
試してみないと分からないので、穴は小さめに
開けています。

Dscf4921

 裏側には給排水口があります。
継ぎ接ぎで見栄え最悪ですが~。

Dscf4922

 もう少し暖かくなったら満月の夜にでも
400リットル水槽を浴槽にして試してみよう
と思います。風呂焚きしながら鉄板焼きを
楽しめるように天板を6mm厚にしたので、
仲間を呼んでやるのも良さそうですね。

 それにしても、本体重量を量ってみたら、
32Kgでした。ギリギリ許容範囲です。

| | コメント (0)

2019年2月 9日 (土)

アウトドアボイラー改良④

「練習がてら、二次燃焼システムを入れて
みるか。」

 まともな薪ストーブなら二次燃焼室がある
のは今や常識ですが、実はその構造を全く
理解していなかったんですよね。ドラム缶の
薪ストーブは3台作りましたが、単純構造で、
二次燃焼まで考えたことはありませんでした。

 そこで今回、ネットで調べました。

 フムフム、そういうことね。。
何となく真似して作ってみましょう。
いつものように、在り合わせの材料で二次燃焼
用の吸気管を作りました。

Dscf4906

 これを、本体にセットして、隔壁?も作り
ました。

Dscf4907

 まずは当たって砕けろ、です。

 扉に吸気口を取り付けて完成間近を感じ
させますが、材料不足で扉上部を塞ぐことが
出来ませ~ん。

 Dscf4911

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2019/02/post-7f2c.html

へつづく。


| | コメント (0)

2019年1月21日 (月)

アウトドアボイラー改良③

 薄いステンレス板は高熱で激しく
歪むので、せめて薪の投入口だけは
対策したいよね〜。

 そこで、角パイプで内枠を作りました。
扉には6mm厚の板を使うので、上手く
いくハズです。

90526723264a4383aba350544be6d4d8_2

 でも、今夜は晩酌のテーブルなのだ。(笑)


| | コメント (0)

2019年1月15日 (火)

アウトドアボイラー改良②

 フランケンシュタイン並みのつぎはぎに
なっていますが、パワーが倍増すれば
良いのだー。

8099550c5f9b4681872c0ccf59295157


 会社でゲットした2mm厚のステンレス板
で底と側面を溶接したのは昨日のことです。
今晩もやろうと思っていましたが、ノドが
渇いたので軽く一杯。

 のつもりが、二杯三杯。(笑)

 まぁ、寒冷前線の通過で急に冷えて
きたからそれもヨシ。急ぐ必要は無い
からな。

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2019/01/post-6ba6.html

へつづく。

| | コメント (0)

2019年1月 8日 (火)

アウトドアボイラー改良

 以前に作ったアウトドアボイラーを
大幅にパワーアップしようとしたものの、
材料不足で停滞していました。

 しかし、今日、会社でステンレス板を
ゲットしてきました。

Beb0c9a191b2485e9b332e224c2c0f23_2

 いや〜、嬉しいな〜。
あとは、作り上げるだけです。

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2019/01/post-8661.html

へつづく。

| | コメント (0)

2018年11月 2日 (金)

焚き火台

 私は子供の頃から焚き火が大好きですが、
今や、庭で焚き火をしただけで消防署員が
5人もやって来るという時代になってしまい
ました。実に嘆かわしい。。

 しかし、焚き火をやりたいゾ。

 そこで、風潮に合わせて焚き火台を作り
ました。直火はダメだが焚き火台なら良い
というのは理解に苦しみますが、仕方あり
ません。

 主な材料には、我が家で長年活躍した
籾溜めのジョウゴを使いました。風の小屋
に設置した排煙ダクトの材料の残りですが、
丁度良い大きさなので、底にステンレスの
網を張りました。

 勿論、台も有り合わせです。子供がアパート
で使っていた何かのパーツだと思いますが、
材料棚にあったので利用しました。
(覚えてない)

45265416_942280509292774_6432594732

 ササッと溶接してから磨いて、ペンキを塗れば
完成。 今回も材料費¥0なのだ。

45100738_942280502626108_75476381_2

 でしたが、大鍋を下げるられるようにすると共に、
串焼きも楽しめるようにしました。

45224376_943244029196422_4091987880

45259210_943244035863088_7909126415

 燃焼効率と強度を考えて底に鉄板を敷いて、
今度こそ完成

45224376_943244029196422_40919878_2

 当然のごとく、バーベキュー鉄板も載せられます。
後は使うだけですね。


| | コメント (2)

より以前の記事一覧