2019年2月17日 (日)

アウトドアボイラー改良⑤完成!

 材料が手に入ったので、一気に作り上げ
ました。総ステンレス製です。

Dscf4916

 扉は歪まないように6mm厚です。

Dscf4917

 火床も入れました。

Dscf4918

 二次燃焼用の吸気口です。

Dscf4920

 中を覗くと二次燃焼用吸気管が見えますが、
試してみないと分からないので、穴は小さめに
開けています。

Dscf4921

 裏側には給排水口があります。
継ぎ接ぎで見栄え最悪ですが~。coldsweats01

Dscf4922

 もう少し暖かくなったら満月の夜にでも
400リットル水槽を浴槽にして試してみよう
と思います。風呂焚きしながら鉄板焼きを
楽しめるように天板を6mm厚にしたので、
仲間を呼んでやるのも良さそうですね。smile

 それにしても、本体重量を量ってみたら、
32Kgでした。ギリギリ許容範囲です。coldsweats01

| | コメント (0)

2019年2月 9日 (土)

アウトドアボイラー改良④

「練習がてら、二次燃焼システムを入れて
みるか。」

 まともな薪ストーブなら二次燃焼室がある
のは今や常識ですが、実はその構造を全く
理解していなかったんですよね。ドラム缶の
薪ストーブは3台作りましたが、単純構造で、
二次燃焼まで考えたことはありませんでした。

 そこで今回、ネットで調べました。

 フムフム、そういうことね。。
何となく真似して作ってみましょう。
いつものように、在り合わせの材料で二次燃焼
用の吸気管を作りました。

Dscf4906

 これを、本体にセットして、隔壁?も作り
ました。

Dscf4907

 まずは当たって砕けろsign01、です。

 扉に吸気口を取り付けて完成間近を感じ
させますが、材料不足で扉上部を塞ぐことが
出来ませ~ん。coldsweats01

 Dscf4911

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2019/02/post-7f2c.html

へつづく。


| | コメント (0)

2019年1月21日 (月)

アウトドアボイラー改良③

 薄いステンレス板は高熱で激しく
歪むので、せめて薪の投入口だけは
対策したいよね〜。

 そこで、角パイプで内枠を作りました。
扉には6mm厚の板を使うので、上手く
いくハズです。

90526723264a4383aba350544be6d4d8_2

 でも、今夜は晩酌のテーブルなのだ。(笑)


| | コメント (0)

2019年1月15日 (火)

アウトドアボイラー改良②

 フランケンシュタイン並みのつぎはぎに
なっていますが、パワーが倍増すれば
良いのだー。

8099550c5f9b4681872c0ccf59295157


 会社でゲットした2mm厚のステンレス板
で底と側面を溶接したのは昨日のことです。
今晩もやろうと思っていましたが、ノドが
渇いたので軽く一杯。bottle

 のつもりが、二杯三杯。(笑)

 まぁ、寒冷前線の通過で急に冷えて
きたからそれもヨシ。急ぐ必要は無い
からな。

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2019/01/post-6ba6.html

へつづく。

| | コメント (0)

2019年1月 8日 (火)

アウトドアボイラー改良

 以前に作ったアウトドアボイラーを
大幅にパワーアップしようとしたものの、
材料不足で停滞していました。

 しかし、今日、会社でステンレス板を
ゲットしてきました。

Beb0c9a191b2485e9b332e224c2c0f23_2

 いや〜、嬉しいな〜。
あとは、作り上げるだけです。smile

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2019/01/post-8661.html

へつづく。

| | コメント (0)

2018年11月 2日 (金)

焚き火台

 私は子供の頃から焚き火が大好きですが、
今や、庭で焚き火をしただけで消防署員が
5人もやって来るという時代になってしまい
ました。実に嘆かわしい。。

 しかし、焚き火をやりたいゾ。

 そこで、風潮に合わせて焚き火台を作り
ました。直火はダメだが焚き火台なら良い
というのは理解に苦しみますが、仕方あり
ません。

 主な材料には、我が家で長年活躍した
籾溜めのジョウゴを使いました。風の小屋
に設置した排煙ダクトの材料の残りですが、
丁度良い大きさなので、底にステンレスの
網を張りました。

 勿論、台も有り合わせです。子供がアパート
で使っていた何かのパーツだと思いますが、
材料棚にあったので利用しました。
(覚えてない)coldsweats01

45265416_942280509292774_6432594732

 ササッと溶接してから磨いて、ペンキを塗れば
完成sign03。 今回も材料費¥0なのだ。smile

45100738_942280502626108_75476381_2

 でしたが、大鍋を下げるられるようにすると共に、
串焼きも楽しめるようにしました。

45224376_943244029196422_4091987880

45259210_943244035863088_7909126415

 燃焼効率と強度を考えて底に鉄板を敷いて、
今度こそ完成sign03

45224376_943244029196422_40919878_2

 当然のごとく、バーベキュー鉄板も載せられます。
後は使うだけですね。delicious


| | コメント (2)

2018年8月21日 (火)

カヤック積載用ローラー台

 サーフスキーをエアウェイブへ楽々搭載する為の
道具を作りました。ベアリング式のローラー台です。
滑り止めマットに置くだけですが、屋根のカーブに
合わせているので、ガタつきはないし、回転は滑らか。

39878797_904816149705877_3780721971


 制限外積載のやり方を覚えたら、アヤハブラSSRを
分割搭載するのが面倒になってね〜。coldsweats01

 ちなみに、例によって材料費は¥0なのだ。

| | コメント (0)

2018年8月20日 (月)

兼用型自転車スタンド

 ママチャリの整備をしやすくする為に、以前使った
木工ローラー兼用型自転車スタンドを改造しました。
今度のはサドルを引っ掛けるタイプなので使いやすい
です。万能木工機の自動カンナに長物をかける時には
簡単に外せるようにしました。

 で、早速、パンク修理です。

39512468_904314499756042_7883233504

 てか、その為に急遽作ったんですがー。coldsweats01
 

| | コメント (0)

2017年9月18日 (月)

カヤック・カート完成‼︎

「やっぱし、カヤック用のカートは必要だよの~。」

 というワケで、台風一過の今日は工作をしました。
軽量ノーパンクタイヤと小物は買いましたが、骨格には
手持ち材を使いました。材料の長さに合わせた最大寸法に
したので、設計はナシです。(笑)

Dscf4258

 骨格やボルト類は全てステンレス材なので、錆びる
心配は無いし、三分割式にしたので車への搭載も楽です。
タイヤも工具無しで脱着出来ます。

Dscf4256

 完成寸法は950mm×700mmで、重量は8.8Kg。
固定用のベルトはまだ取り付けていませんが、安定感抜群
です。費用は総額で¥8,000程なので、市販の2輪
カートよりも断然安くて移動が楽です。コックピットに
持ち手が付いているので、引き綱は不要でしょう。

Dscf4261

 こりゃ良いわ~~。(\^〇^/)

Dscf4259


| | コメント (0)

2017年5月 5日 (金)

液化固形パラフィン・ランタン

 休みが何日かあると、一日は工作をしたくなります。
私の場合。(笑)

 今回は、固形パラフィンを液化しながら燃料として使用
するランタンを作りました。材料は全て在り合わせなので、
費用は2mmのステンレス溶接棒4本と電気代だけです。good

 2年ほど前、解体現場で医療用パラフィンを30Kgも
ゲットしたので、当然のごとくロウソクを作ったら、ススが
出ないように作るのが非常に難しい。普通の蝋より融点が
低いんです。真夏の室内で変形するほどですから。

Dscf4012

 そこで、液化してオイルランタンで使えるようにしたいと
思って、ネットで調べたり化学者の友人に訊いたりしました
が、それなりの設備が必要だし、爆発する危険性が高い
ということで諦めました。

 ならば、燃焼熱で液化するランタンを作ろう!考えたと
いうワケです。市販品はもちろんのこと、実験的な物も全
く見あたらなかったので、完全オリジナルです。

 材料には、ステンレス端材と10mmのボルト、アルミ端材、
ホワイトリカーの空瓶を使い、20mm芯を出し入れする
歯車は10mm平ワッシャーを削って作りました。

 ここまでは順調でしたが、ガラス瓶に芯調節穴兼空気穴
を開けるのがかなり面倒でした。ミニトリマーにダイアモンド
ビットを取り付けましたが、定格時間5分を超えたらダウン。
インパクトドライバーに替えて作業しました。僅か15mm辺
の穴を開けるのに1時間も掛かりました。

 頑張った甲斐あって、完成sign03

Dscf4009

  早速、特製はんだごてカッターで蝋を溶かし入れました。

Dscf4010

 点火して暫くすると、中の蝋が溶け出しました。

Dscf4011

 写真では分かりませんが、芯が浸っている部分は液化
しているので、問題なく吸い上げます。完全に狙い通りです。

 ということで、大成功sign03fuji

 でも、一生掛かっても使い切れませんね。この蝋は。。coldsweats01

| | コメント (0)

より以前の記事一覧